こちらテニマガ編集部、ただいま博多で取材中。

画像1: DAY3 雨のオムニコート

大会2日目は団体2回戦が行われました。桜の下でウォーミングアップする選手たち。

画像2: DAY3 雨のオムニコート

会場の見取り図です。センター1面、アウトドア15面、インドア4面、計20面進行です。

画像3: DAY3 雨のオムニコート

シード校の男子・相生学院(兵庫)。試合前の気合の円陣

画像4: DAY3 雨のオムニコート

湘南工大附(神奈川)×九州文化学園(長崎)

画像5: DAY3 雨のオムニコート

修道(広島)のシングルス2、宗近のフォアハンド

画像6: DAY3 雨のオムニコート

午後2時過ぎから雨が降ってきました。それでも試合は中断せず、オムニコートで雨中決戦。

画像7: DAY3 雨のオムニコート

雨天が影響しないのは、インドア4面。写真は大分舞鶴(大分)×法政二(神奈川)。

画像8: DAY3 雨のオムニコート

札幌日大はアベック出場でしたが、男女とも本日敗退。男子は四日市工(三重)、女子は同志社女子(京都)に敗れました。

画像9: DAY3 雨のオムニコート

椙山女学園(愛知)×浦和学院(埼玉)は2勝2敗になり、勝敗の行方はS3対決に委ねられました。
6-1で勝ったのは浦和・廣川でしたが、悔しさいっぱいの中、椙山・赤塚(左)が勝者と試合後の
握手をする姿が印象に残りました。

明日は団体3回戦が9時30分からスタート。九州国際テニスクラブでは個人戦が始まります。

(編集部◎牧野)

This article is a sponsored article by
''.