「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)の女子シングルス3回戦で、大坂なおみ(日清食品)は元世界ランク15位で予選勝者のカイア・カネピ(エストニア)に3-6 6-2 5-7で敗れた。試合時間は2時間3分。

 USオープンに3年連続出場となった大坂は、初めて本戦入りした昨年の大会でシードを倒すなどして3回戦に進出し、マディソン・キーズ(アメリカ)に5-7 6-4 6-7(3)で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。今大会の大坂は、1回戦でディフェンディング・チャンピオンで第6シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を6-3 6-1で破る金星を挙げ、2回戦ではデニサ・アレルトバ(チェコ)を6-3 4-6 7-5で倒して勝ち上がっていた。

 カネピは4回戦で、20歳のダリア・カサキナ(ロシア)と対戦する。カサキナは3回戦で、全仏女王で第12シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)との1997年生まれ対決を6-3 6-2で制しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

画像: ※写真は「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク)の3回戦で元世界15位のカイア・カネピに敗れた大坂なおみ

※写真は「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク)の3回戦で元世界15位のカイア・カネピに敗れた大坂なおみ

This article is a sponsored article by
''.