「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)の大会11日目、ジュニアの部の本戦4日目は男女シングルス3回戦と男女ダブルス準々決勝などが行われた。

 4人が出場した男子シングルスの日本勢で唯一勝ち残っている田島尚輝(TEAM YONEZAWA)は、メネラオス・エフスタシウー(キプロス)を6-0 6-7(1) 6-3で振り切り、グランドスラム・ジュニアで初のベスト8進出を果たした。試合時間は1時間50分。

 田島は準々決勝で、第1シードのアクセル・ゲラー(アルゼンチン)と対戦する。両者は7月のウインブルドン・ジュニア(イギリス・ロンドン/グラスコート)の3回戦で対戦し、ゲラーが6-3 3-6 6-1で勝っている。

 ダブルスでは、堀江亨(関スポーツ塾・T)/清水悠太(パブリックテニスイングランド)がアラフィア・エイニー(アメリカ)/ヤクブ・ポール(スイス)を6-2 7-6(7)で下して昨年に続いて4強入り。初の決勝進出をかけて、第3シードのトレント・ブライデ(アメリカ)/ドゥアルテ・バレ(ポルトガル)と対戦する。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

        ◇   ◇   ◇

【ジュニア男子シングルス3回戦】

○10田島尚輝(TEAM YONEZAWA)6-0 6-7(1) 6-3 ●14メネラオス・エフスタシウー(キプロス)

------------

【ジュニア男子ダブルス準々決勝】

○30堀江亨/清水悠太(関スポーツ塾・T/パブリックテニスイングランド)6-2 7-6(7) ●28アラフィア・エイニー/ヤクブ・ポール(アメリカ/スイス)

--------------------

【ジュニア男子シングルス準々決勝 組み合わせ】

10田島尚輝(TEAM YONEZAWA)vs 1アクセル・ゲラー(アルゼンチン)[1]

------------

【ジュニア男子ダブルス準決勝 組み合わせ】

30堀江亨/清水悠太(関スポーツ塾・T/パブリックテニスイングランド)vs 24トレント・ブライデ/ドゥアルテ・バレ(アメリカ/ポルトガル)[3]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

画像: ※写真は「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク)のジュニアの部の男子シングルスでグランドスラム・ジュニアで初のベスト8進出を果たした田島尚輝(TEAM YONEZAWA)

※写真は「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク)のジュニアの部の男子シングルスでグランドスラム・ジュニアで初のベスト8進出を果たした田島尚輝(TEAM YONEZAWA)

This article is a sponsored article by
''.