「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月28日~9月10日/ハードコート)の車いすの部の男子ダブルス決勝で、第2シードのアルフィー・ヒュウェット/ゴードン・リード(ともにイギリス)が第1シードのステファン・ウッデ/ニコラ・ペイファー(ともにフランス)を7-5 6-4で破り、グランドスラム2大会連続優勝を果たした。試合時間は1時間49分。

 両ペアは6月のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)と7月のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)でも決勝で対戦し、全仏はウッデ/ペイファーが6-4 6-3で、ウインブルドンではヒュウェット/リードが6-7(5) 7-5 7-6(3)で勝っていた。

 ヒュウェット/リードは、初戦でグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)/国枝慎吾(ユニクロ)を6-3 6-2で破って決勝に進出。シングルスでは両者がこの日行われた準決勝で対戦し、第2シードのリードを7-5 5-7 7-6(8)で倒したヒュウェットが、第1シードのウッデとの決勝に勝ち進んでいる。

 車いすテニスは男女シングルス8ドロー、男女ダブルス4ドローで争われる。

 昨年は9月にリオデジャネイロ・パラリンピックが開催されたため、車いすの部は行われなかった。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

画像: ヒュウェット/リードがウッデ/ペイファーを下してグランドスラム2大会連続優勝 [USオープン・車いすの部]

This article is a sponsored article by
''.