「タシケント・オープン」(WTAインターナショナル/ウズベキスタン・タシケント/9月25~30日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス準決勝が行われ、第2シードのティメア・バボス(ハンガリー)とカテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)が決勝に勝ち進んだ。

 バボスがアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)を6-1 6-4で下し、ボンダレンコは元世界ランク2位のベラ・ズボナレワ(ロシア)が7-6(7) 4-1の時点で棄権したため勝ち上がった。

 ボンダレンコとズボナレワは準々決勝を同日に行っており、ボンダレンコが奈良くるみ(安藤証券)を6-2 5-7 6-4で、ズボナレワは第6シードのアレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)を6-4 6-3で破っていた。

 決勝で対戦する両者の過去の対戦成績は1勝1敗。2015年にWTAツアーの予選で2度対戦しており、2月のアントワープ(WTAプレミア/室内ハードコート)はボンダレンコが6-3 3-6 6-3で、3月のモンテレイ(WTAインターナショナル/ハードコート)ではバボスが7-5 2-6 6-4で勝っている。

 31歳のボンダレンコは、WTAツアー初優勝を果たした2008年6月のバーミンガム(WTAティア3/グラスコート)以来の決勝進出となった。

 2月に地元のブダペスト(WTAインターナショナル/室内ハードコート)でツアー通算2勝目を挙げた24歳のバボスは、アリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)に敗れた2週間前のケベックシティ(WTAインターナショナル/室内カーペットコート)に続いての決勝進出となる。

 バボスはアンドレア・フラバチコバ(チェコ)とのペアで第1シードで出場しているダブルスでも勝ち残っており、第2シードの日比野菜緒(LuLuLun)/オクサーナ・カラシニコワ(グルジア)とタイトルをかけて対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

画像: ※写真は「タシケント・オープン」(ウズベキスタン・タシケント)で1日2試合を勝ち抜き、2008年シーズン以来の決勝進出を果たした31歳のカテリーナ・ボンダレンコ(スタンフォードの大会でのもの) Photo:STANFORD, CA - AUGUST 01: Kateryna Bondarenko of Ukraine competes against Francesca Schiavone of Italy during day 2 of the Bank of the West Classic at Stanford University Taube Family Tennis Stadium on August 1, 2017 in Stanford, California. (Photo by Lachlan Cunningham/Getty Images)

※写真は「タシケント・オープン」(ウズベキスタン・タシケント)で1日2試合を勝ち抜き、2008年シーズン以来の決勝進出を果たした31歳のカテリーナ・ボンダレンコ(スタンフォードの大会でのもの)
Photo:STANFORD, CA - AUGUST 01: Kateryna Bondarenko of Ukraine competes against Francesca Schiavone of Italy during day 2 of the Bank of the West Classic at Stanford University Taube Family Tennis Stadium on August 1, 2017 in Stanford, California. (Photo by Lachlan Cunningham/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.