ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)が、キャリア5度目、そして2009年以来となるシーズン末のWTAファイナルズに戻ってきた。大会は日曜に、シンガポールでスタートする。

 ビーナスは、現世界1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)、2位のガルビネ・ムグルッサ(スペイン)、3位のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、4位のエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、6位のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、7位のエレナ・オスタペンコ(ラトビア)、9位のカロリーヌ・ガルシア(フランス)に合流する。

 年末のトップ8によるエリート大会へのこれまでの出場経験について、ビーナスは、「その皆が、かなり特別なものだわ」と言った。「年の終わりだし、トップ8のみが出場できる。間違いなく、1年を通し勝ち獲ったご褒美だわ」。

 37歳のビーナスは、この年末のエリート大会出場権を勝ち獲った選手の中で、史上3番目に年齢が高い。彼女の上をいくのは、1983年に39歳で出場したビリー ジーン・キングと、1994年に38歳で臨んだマルチナ・ナブラチロワ(ともにアメリカ)だ。

画像: WTAファイナルズ(シンガポール)に8年ぶりに出場する37歳のビーナス・ウイリアムズ SINGAPORE - OCTOBER 21: Venus Williams of the United States practices prior to the BNP Paribas WTA Finals Singapore presented by SC Global at Singapore Sports Hub on October 21, 2017 in Singapore. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

WTAファイナルズ(シンガポール)に8年ぶりに出場する37歳のビーナス・ウイリアムズ
SINGAPORE - OCTOBER 21: Venus Williams of the United States practices prior to the BNP Paribas WTA Finals Singapore presented by SC Global at Singapore Sports Hub on October 21, 2017 in Singapore. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

 ビーナスは今年のドローの中で最年長であり、彼女に次いで年齢が高いのは、27歳のウォズニアッキとなっている。

 1995年からプレーしているビーナスは、女子テニスが進化していく様子を目撃してきた。彼女は、「競争はずっと激しくなったわ。実際これは、素晴らしい変化よ」と言った。

 2008年のビーナスは、ラウンドロビンを3勝0敗で抜け、決勝でベラ・ズボナレワ(ロシア)を倒してWTAファイナルズのタイトルを獲得した。彼女はまた、この大会に参加した初回と2回目に当たる1999年と2000年に、準決勝に進出している。

 ビーナスは今季、オーストラリアン・オープン、ウインブルドンと、2度グランドスラム大会決勝に進出。全豪での彼女は、知られてはいなかったがすでに妊娠していた妹のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に敗れ、ウインブルドンではムグルッサの前に屈した。

 ガルシアを除くすべての参加選手が、今週の成績次第で、年末の最終ランキング1位になる可能性を擁している。ビーナスはそのキャリアを通し、11週間をナンバーワンとして過ごした経験がある。

 ラウンドロビンでのビーナスは、今季のある段階で世界1位となっていた、やはりビッグヒッターのムグルッサとプリスコバ、そしてフレンチ・オープン女王のオスタペンコと同じ、ホワイト・グループに入っている。

 ビーナスは日曜、プリスコバとの対戦で大会を始める。過去の対戦で、ふたりは1勝1敗で星を分けている。

 一方、ムグルッサとの対戦成績は、3勝2敗でビーナスがわずかにリードしており、対オスタペンコでは1勝0敗だ。

「私のグループには、よりアグレッシブなスタイルの選手が揃っていて、もうひとつのグループは、より守備的ね」とプリスコバはコメントした。

「私は明日、ビーナスとの対戦で大会を始める。私は一度、マッチポイントを握られてから彼女を倒したことがあり、一度は非常に競った末に敗れた。この試合は、どちらが勝つか分からない、双方に可能性が開いたものだわ」(C)AP(テニスマガジン)

This article is a sponsored article by
''.