ロシア・モスクワで開催された「VTBクレムリン・カップ」(ATP250/10月16~22日/賞金総額74万5940ドル/室内ハードコート)の男子シングルス決勝で、第6シードのダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)が第2セットでの調子の崩れを克服し、リカルダス・ベランキス(リトアニア)を下して優勝を遂げた。

 ジュムホールはベランキスを6-2 1-6 6-4で破り、先月のサンクトペテルブルクに続くキャリア2度目のタイトル獲得を果たした。

 出しから相手を圧倒したジュムホールだったが、第2セットに入るとベランキスがファーストサーブを31%しか入れられなかったにもかかわらず、急に崩れた。

 第3セットは拮抗した展開となったが、ジュムホールがついにブレークを果たして5-4とリードし、次のサービスゲームをキープして試合を終わらせた。

 これでベランキスは、ここまでのキャリアで進出したふたつの決勝の双方で敗れたことになった。(C)AP(テニスマガジン)

画像: 写真はウィンストンセーラムの大会でのダミアー・ジュムホール WINSTON-SALEM, NC - AUGUST 26: Damir Dzumhur returns a shot to Roberto Bautista Agut of Spain during the men's singles championship final of the Winston-Salem Open at Wake Forest University on August 26, 2017 in Winston-Salem, North Carolina. (Photo by Jared C. Tilton/Getty Images)

写真はウィンストンセーラムの大会でのダミアー・ジュムホール
WINSTON-SALEM, NC - AUGUST 26: Damir Dzumhur returns a shot to Roberto Bautista Agut of Spain during the men's singles championship final of the Winston-Salem Open at Wake Forest University on August 26, 2017 in Winston-Salem, North Carolina. (Photo by Jared C. Tilton/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.