「三菱 全日本テニス選手権 92nd」(予選10月19~21日、本戦10月21~29日/賞金総額2846万円/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)の本戦4日目は、男子シングルス3回戦8試合と女子シングルス準々決勝4試合および男女ダブルス2回戦15試合と男子ダブルス準々決勝4試合、混合ダブルス1試合が行われた。

 男子シングルスのトップ2シードが、揃ってベスト8に進出した。第1シードの伊藤竜馬(北日本物産)は第15シードの山﨑純平(日清紡ホールディングス)を6-1 7-6(2)、第2シードの高橋悠介(三菱電機)は第14シードの徳田廉大(フリー)を6-3 6-3と、ともにストレートで退けた。

「(今大会は)初めてのコロシアムで緊張もあったけど、しっかりと声を出して緊張を吹き飛ばした」と高橋。堅実なストロークで徳田を揺さぶり、「最初から最後まで自分のテニスを出すことができた」と勝因を語った。

画像: ダブルスのパートナーでもある徳田を下して8強進出の高橋

ダブルスのパートナーでもある徳田を下して8強進出の高橋

 高橋はプロ2年生。この10月に20歳になったばかりだ。楽天ジャパンオープンでは予選を勝ち上がり、初のATPツアー本戦出場。世界ランクも242位までアップした。「大きく変えたところはないけれど、試合に対する気持ちが変わって自分をコントロールできるようになってきた。日頃からの厳しい練習の成果が少しずつ表れている」と力強く語った。

 ベスト8にふたりの大学生が残った。上杉海斗(慶應義塾大4年)と望月勇希(中央大2年)だ。ノーシードの上杉は前日の2回戦で第4シードの仁木拓人(三菱電機)を6-1 6-4で下したが、この日の3回戦でも第13シードの片山翔(伊予銀行)を6-3 6-7(5) 6-3で退けた。

 第2セットをタイブレークで落として追いつかれ、最終セットは1-3とワンブレークを許したが、「そこからギアを上げて、最後は気持ちで」勝利をつかんだ。長い試合になることは想定内。得意のフォアの逆クロスで攻め立て、5ゲーム連取で決着をつけた。

 卒業後はプロ転向を予定している。「プロになるにあたって、ここからがスタートとだと思っています」と上杉。仁木、片山とシード勢のプロを連破したのは大きな自信になっただろう。明日はベスト4をかけて第10シードの吉備雄也(ノア・インドアステージ)と対戦する。

画像: ノーシードから快進撃の上杉

ノーシードから快進撃の上杉

 第12シードの望月は第8シードの福田創楽(イカイ)に6-3 6-4のストレート勝利で同学年対決を制した。昨年は3回戦で敗れており、「昨年と同じ(成績)は嫌だなと。楽しみながらも何とか踏ん張って勝ちきることができた」と笑顔を見せた。

 今夏のインカレは第1シードながら初戦敗退。突然のぎっくり腰が原因だった。それでも課題だったフィジカル面は「まだまだ足りないけれど自信がついてきた」と言う。メンタル面も向上。「ここまでで十分だろうという考え方が、もっといけることに気づいた」と話す。心技体が噛み合ったことを考えれば、8強入りも納得だ。

画像: オールラウンドなプレーで快勝した望月

オールラウンドなプレーで快勝した望月

 ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した羽澤慎治(イカイ)も高校3年生ながら堂々の8強進出。第7シードの竹内研人(北日本物産)にファイナルタイブレークの劇的勝利。スコアは2-6 6-3 7-6(3)、2時間37分のタフマッチを制した。

 第1セットはボールの伸びがなく、簡単にパスを抜かれた。第2セットもいきなりブレークを許す嫌な流れだったが、「自分のベストのテニスをしよう」と言い聞かせ、4ゲーム連取。得意のネットプレーで逆転への道を切り開いた。試合後の会見では「ドローを見たときからベスト8が目標だった。ここからが本番です」と気を引き締めた。

画像: ジュニアから唯一、ベスト8に残った羽澤

ジュニアから唯一、ベスト8に残った羽澤

 そのほか、第3シードの関口周一(Team REC)は第16シードの綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)を7-6(5) 7-5で下し、第5シードの江原弘泰(日清紡ホールディングス)は3-6 7-5 6-2で第9シードの越智真(江崎グリコ)を倒した。

 明日27日の男子シングルス準々決勝は以下の組み合わせとなった(丸数字はシード順位。WCはワイルドカード)


伊藤竜馬(北日本物産)① × 江原弘泰(日清紡ホールディングス)⑤

関口周一(Team REC)③ × 羽澤慎治(イカイ)WC

吉備雄也(ノア・インドアステージ)⑩ × 上杉海斗(慶應義塾大4年)

望月勇希(中央大2年)⑫ × 高橋悠介(三菱電機)②

写真◎井出秀人

(テニスマガジン◎編集部/牧野 正)


This article is a sponsored article by
''.