「三菱 全日本テニス選手権 92nd」(予選10月19~21日、本戦10月21~29日/賞金総額2846万円/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)の本戦5日目は、男子シングルスと女子ダブルスの準々決勝と女子シングルスと男子ダブルスの準決勝および混合ダブルス準決勝残り1試合が行われた。

 女子シングルスは、第1シードの今西美晴(島津製作所)が第7シードの田中優季(安藤証券)を7-5 7-6(6)で、第6シードの秋田史帆(北島水産)は加治遥(島津製作所)を6-4 6-0で破り、決勝進出を果たした。

 準決勝の第1試合は、秋田と加治が対戦。試合の序盤こそ互いにサービスキープが続いたが、中盤から秋田が主導権を握る。4-4で迎えた第9ゲームでブレークに成功。第1セットを6-4で奪って勢いに乗ると、第2セットは1ゲームも落とすことなく1時間7分で試合を終わらせた。

画像: 敗れはしたが、加治は堂々の4強入り

敗れはしたが、加治は堂々の4強入り

「(相手の)ボールに対してしっかりと対応していこうと考えていたら、流れがこちらにきた。最後まで自分のやるべきことをやり切れた」と秋田。持ち味のパワーテニスを軸に置きつつ、スライスやアングルショットを混ぜながら試合をコントロールした。今大会はバックハンドも安定し、その心の余裕が得意のフォアハンドにいい影響を与えているという。初の決勝進出にも「無欲で臨みたい」と冷静さも保っている。

画像: 今日も「ボールだけを見て、しっかりと打っていこうと思った」と秋田

今日も「ボールだけを見て、しっかりと打っていこうと思った」と秋田

 もう一方のヤマを勝ち上がったのは、トップシードの今西。ディフェンス力に定評がある田中に対して「気持ちで負けないこと」を意識してコートに立った。第1セットを7-5で先取して試合を優位にしたが、第2セットに入ると、より一層、田中の粘りに苦戦する。

画像: 「もう少し冷静に相手の弱点を攻撃したりと、明確なプランが必要だった」と反省する今西

「もう少し冷静に相手の弱点を攻撃したりと、明確なプランが必要だった」と反省する今西

 ボールをコート深くに返し、しぶとく食らいつく相手に対して「ポジションがずっと後ろになってしまい、なかなか前にいけなかった」。だんだんボールも浅くなり、打ち込まれる場面も増えたが、なんとかしのいでタイブレークに突入。最後は「気持ちでなんとか取れた」と安堵する今西。会見では反省の言葉を何度も口にしたが、2時間24分におよぶロングマッチを制して2年連続の決勝進出を決めた。

画像: 諦めないプレーで今西を苦しめた田中だが、最後は力尽きた

諦めないプレーで今西を苦しめた田中だが、最後は力尽きた

 13、16年に決勝に勝ち進んでいる今西は「(決勝の)経験は自分のほうがあるが、明日は最初から最後までブレずにプレーし続けたい」と語り、秋田は「決勝はなかなか来れる場所ではないので、(決勝の)空気感だったりを楽しみたい」と話した。

 注目の女子シングルス決勝は明日12時から有明コロシアムで開始される。

写真◎井出秀人

(テニスマガジン編集部◎中野恵太)

This article is a sponsored article by
''.