「三菱 全日本テニス選手権 92nd」(予選10月19~21日、本戦10月21~29日/賞金総額2846万円/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)の本戦6日目は女子シングルス決勝が行われ、第1シードの今西美晴(島津製作所)が第6シードの秋田史帆(北島水産)を6-4 4-6 6-4で破り、初の日本一に輝いた。

画像: 試合前のフォトセッション、今西(左)と秋田

試合前のフォトセッション、今西(左)と秋田

 降雨により屋根が閉まった状態で行われた決勝は、序盤から今西がペースを掴む。攻撃力に勝る秋田に対してムーンボールを使って揺さぶり、第1、3ゲームでブレークを奪って4-0とする。秋田も息を吹き返して4-3としたが「もう一度イチから立ち直った」今西がリードを守って第1セットを6-4で先取した。

画像: 第1セットの4-0で「昨年のこと(前回リードした場面からの逆転負け)を思い出した」と今西

第1セットの4-0で「昨年のこと(前回リードした場面からの逆転負け)を思い出した」と今西

 続くセットはともにワンブレークを奪い、迎えた4-4の第9ゲーム。激しい攻防が繰り広げられる。リターンゲームで7度のデュースポイント、2度のブレークチャンスを握った今西だが、「強い気持ちでいくべきところを相手に取られ、(その後は)守りに入ってしまった」ことで、続く第10ゲームも秋田に奪われ、試合は最終セットへ突入する。

画像: 中盤から強打に加えて、スライスやアングルショットを巧みに使って今西を揺さぶった秋田

中盤から強打に加えて、スライスやアングルショットを巧みに使って今西を揺さぶった秋田

 さらに秋田の勢いは加速する。2度のブレークで4-1と優位に立ち、優勝に手が届く場面を迎えた。しかし、実際は「最終セットに入ったときにはすでに体力が切れ、うつろな状態だった」と秋田。対する今西は「“ここで負けられない”という強い気持ちで、最後は自分を信じてプレーした」ことで徐々に試合の流れが変わる。

 今西はポイントを奪われても最後までボールに食らいつき、ミスが増え始めた秋田をじりじりと追い込み、1-4から怒濤の5ゲーム連取。最後の何ポイントは「どうやって勝ったかも覚えていないくらい必死だった(笑)」と語るほど、終盤の持久力、そして高い集中力が勝敗を分けた。

画像: 優勝した瞬間、今西はサポートしてくれるチーム、家族のほうを向き喜びを爆発させた

優勝した瞬間、今西はサポートしてくれるチーム、家族のほうを向き喜びを爆発させた

 優勝直後の思いを聞かれた今西は「うれしい気持ちと安心した気持ちと…あとは“終わったー!”という感じ」と笑顔で振り返った。前日も2時間半近い試合を制し、決勝も2時間25分の接戦をものにしてトップシードの実力を証明した。

 過去2度の決勝敗退を経てつかんだ日本一。喜びもひとしおと思われたが、「(今日は)秋田選手のほうがいいプレーをしていた。(自分の)持ち味の粘りで勝てたとはいえ、もう少し自分から攻撃できれば…」と反省する。来年の全日本は有明の改修に伴い、大阪での開催。「それも知っていたし、ここで優勝したいなと思っていた」と喜びを語った。

 惜しくも準優勝に終わった秋田だが、表情は晴れやかだった。第1セットを先に4-0とリードされた場面は悔いに残るが、「決勝までこれたことも含めて今週は自分を褒めてあげたい」と語る。左膝のケガはリハビリ中だが、その中で最高の結果を残した。この経験が必ず自信になるはずだろう。

写真◎井出秀人

(テニスマガジン編集部◎中野恵太)

This article is a sponsored article by
''.