「三菱 全日本テニス選手権 92nd」(予選10月19~21日、本戦10月21~29日/賞金総額2846万円/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)の本戦6日目、男子シングルスは準決勝2試合が行われ、第2シードの高橋悠介(三菱電機)と第5シードの江原弘泰(日清紡ホールディングス)が決勝進出を果たした。

 先に決勝へ駒を進めたのは高橋だった。ノーシードからプロのシード選手たちを次々と倒して勝ち上がった上杉海斗(慶應義塾大4年)に6-4 6-3のストレート勝利。年齢は上杉よりも2歳下だが、プロ2年生として「学生には負けるわけにはいかなかった」と力強く語った。

画像: 上杉を下して決勝進出の高橋

上杉を下して決勝進出の高橋

 第1セットは開始直後のワンブレークを生かして6-4で先取。しかし、第2セットは先にブレークされ、1-3とリードを許した。「やるべきことを整理できなくてモヤモヤしていた。今大会で一番苦しい時間だった」と高橋。それでも焦りはなかった。よりパワフルになったストロークを左右に打ち分けて追いつき、追い越し、決着をつけた。

 上杉は第2セット3-1とリードした場面を振り返り、「このリードを守りきりたいと思ってしまった」と悔やんだ。その気持ちが上杉から攻めの姿勢を少しだけ奪ってしまった。3-1から一気に5ゲーム連取で試合をもっていかれた。「今までの相手とは違って自分のやれることが少なかった」と肩を落とした。

画像: ベスト4にも「うれしい気持ちより悔しい気持ちのほうが強い」と上杉

ベスト4にも「うれしい気持ちより悔しい気持ちのほうが強い」と上杉

 もう一方の準決勝は、江原が第3シードの関口周一(Team REC)を7-6(4) 6-2で下して決勝へ進んだ。同じ26歳でジュニア時代から何度も対戦を重ねてきた。お互い手の内を知り尽くしているが、今回は江原に軍配が上がった。

 ラリーからリズムをつくっていきたい江原だが、ミスが多く、第1セットは2-5と苦しい展開。しかし、スライスを多用するなど、徐々にリズムを取り戻すと、今度は関口にミスが出始める。もつれ込んだタイブレークはポイント3-3まで競り合ったが、最後は江原が7-4でものにした。

 第2セットも先にブレークを許した江原だが、0-2から持ち味を発揮。多彩なショットで関口のミスを引き出し、チャンスでは打って出た。3-2と逆転に成功したあとの第6ゲームを4度のデュースの末に奪って4-2とすると、その勢いのまま勝利へ飛び込んだ。

画像: 試合後の握手を交わす江原(右)と関口

試合後の握手を交わす江原(右)と関口

「メリハリのついたプレーができた」と第2セットを振り返った江原。両セットともに先にリードを許しながら、冷静な試合運びで逆転に結びつけるのは江原の真骨頂。第1シードの伊藤竜馬(北日本物産)に続き、この日は第3シードの関口と上位シードを連破しての決勝進出となった。

 これで明日の決勝カードは高橋と江原となった。これが両者初対戦。高橋が勝てば初優勝、江原が勝てば3年ぶり2度目の優勝となる。注目の大一番は12時開始予定。


写真◎井出秀人

(テニスマガジン編集部◎牧野 正)


This article is a sponsored article by
''.