アマチュア女子テニスの最高峰「ソニー生命カップ 第39回全国レディーステニス大会」が11月9日から11日まで、東京・昭島の昭和の森テニスセンターで開催される。

 この大会は47の都道府県代表チーム(各都道府県大会を勝ち上がった上位3ペアで構成される)によるトーナメント戦で、全国一を目指し、各対戦は女子ダブルス3本で争われる。

 昨年の第38回大会(2016年11月10日~12日/東京都昭島市/昭和の森テニスセンター)は、神奈川県が7年ぶり9回目の優勝を飾った。参加者人数は8658名。準優勝は埼玉、3位は東京、4位は熊本が続いた。

参加資格

(1)満25歳以上(1992年12月末日以前出生)の女性。

(2)自己の居住する都道府県より出場する。※複数の都道府県大会の出場は不可。

(3)以下の大会に出場した人は参加できない。
・全日本選手権(予選も含む)
・全日本ジュニア18歳以下の種目に出場した人は、その後10年間出場不可。
・国民体育大会(本大会のみ、ジュニアと現在40歳以上の人は除く。同大会に監督としての出場は可、選手兼監督での出場者は不可。)
・全日本学生選手権(本戦出場者)
・2016年度、2017年度全日本ベテラン大会出場者(予選も含む)

(4)本大会出場経験者の参加制限は次の通り。
・全国決勝大会でベスト4に入賞した選手は、以降の大会に出場できない。
・全国決勝大会に3回出場した選手は、翌年から3年間出場できない。
その後の出場は、第1回目出場とみなし、過去の出場回数は加算されない。

参加資格の変更点について

(1)全国決勝大会で5位~8位に入賞した選手は2年間出場できない。→出場できる(この制限を削除)

(2)全国決勝大会に3回出場した選手は翌年から5年間出場できない。→3年間に変更

(3)全日本レディースソフトテニス決勝大会出場者。→出場できる(この制限を削除)

全国決勝大会スケジュール

11月8日(水)

15:35 監督会議
17:00 親睦会(ドロー抽選)

11月9日(木)

09:00 開会式
09:30 1回戦、2回戦

11月10日(金)

09:00 3回戦、準々決勝

11月11日(土)

09:00 準決勝、決勝
14:30(予定)3位決定戦、表彰式・閉会式

会場

昭和の森テニスセンター 東京都昭島市田中町600番地

種目

女子ダブルス

試合方法

・各都道府県代表3組による団体戦トーナメント方式。
・ノーアド・2タイブレークセット、ファイナルセット10ポイントマッチタイブレーク方式。
・天候不順等、やむをえない事情により試合方法を変更する場合もある。
・その他については、「JTA テニスルールブック2017」の競技規則による。

全国決勝大会出場チームの各構成

(1)上位3ペアに監督1名を加え、7名で都道府県代表チームを結成し、全国決勝大会に出場する。

(2)代表ペアの1名に欠員ができた場合、次点(4位)のペアが繰り上げ出場する。

出場チーム紹介

入賞

(1)1位のチームにクリスタルトロフィー
(2)1位~4位入賞各チームに持ちまわりカップ・賞状
(3)1位~4位入賞各チーム選手に入賞楯・副賞
※一部変更が生じる場合もあり

観戦

観戦無料。全国から集まった選手たちの応援に、ぜひ会場まで足をお運びください。

This article is a sponsored article by
''.