「兵庫ノアチャレンジャー」(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/本戦11月6~12日/賞金総額5万ドル/室内ハードコート)の予選2日目は、シングルス予選2回戦8試合が行われた。

 予選はシングルス32ドローで争われ、第2シードのヤン・ツン フア(台湾)、第3シードのルーカス・ミードラー(オーストリア)、第4シードの綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)、第6シードの福田創楽(イカイ)、第8シードのマリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)、仁木拓人(三菱電機)、越智真(江崎グリコ)、徳田廉大(フリー)の8人が予選決勝に駒を進めた。

画像: 予選決勝に進出した第4シードの綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)

予選決勝に進出した第4シードの綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)

 11月6日(月)から本戦がスタートする。初日は11時00分からシングルス予選決勝4試合が、12時30分以降にシングルス1回戦3試合とダブルス1回戦2試合が予定されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

シングルス予選2回戦

○3越智真(江崎グリコ)5-7 6-3 6-1 ●1マックス・パーセル(オーストラリア)[1]

○8マリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)[8] 6-2 6-2 ●6トゥロター・ジェームズ(西宮甲英高)[WC]

------

○9ヤン・ツン フア(台湾)[2] 6-2 6-2 ●12ガオ・シン(中国)

○16福田創楽(イカイ)[6] 6-0 6-3 ●14鈴木保貴(法政大学)[WC]

画像: 予選決勝に進出した第6シードの福田創楽(イカイ)

予選決勝に進出した第6シードの福田創楽(イカイ)

------

○17ルーカス・ミードラー(オーストリア)[3] 6-3 6-4 ●20井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)

○22仁木拓人(三菱電機)6-3 6-4 ●24今井慎太郎(東通産業)[5]

------

○25綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)[4] 6-1 7-6(2) ●27中川直樹(IMG Tokyo)

○29徳田廉大(フリー)4-6 6-4 6-3 ●31バイ・ヤン(中国)

画像: 予選決勝に進出した徳田廉大(フリー)

予選決勝に進出した徳田廉大(フリー)

写真提供◎(一社)兵庫県テニス協会/兵庫ノアチャレンジャー

This article is a sponsored article by
''.