21歳以下のトップ8対決「Next Gen ATPファイナルズ」(イタリア・ミラノ/11月7〜11日)のシングルス、ラウンドロビンのこの日3試合目で、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)がジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)を4-3(2) 4-1 4-3(5)のストレートで下し、まず1勝目を挙げた。

画像: グループBではチョリッチ(写真)とルブレフがそれぞれ一勝 MILAN, ITALY - NOVEMBER 07: Borna Coric of Croatia celebrate the victory at the end of his match against Jared Donaldson of the United States during Day 1 of the Next Gen ATP Finals on November 7, 2017 in Milan, Italy. (Photo by Emilio Andreoli/Getty Images)

グループBではチョリッチ(写真)とルブレフがそれぞれ一勝
MILAN, ITALY - NOVEMBER 07: Borna Coric of Croatia celebrate the victory at the end of his match against Jared Donaldson of the United States during Day 1 of the Next Gen ATP Finals on November 7, 2017 in Milan, Italy. (Photo by Emilio Andreoli/Getty Images)

 チョリッチはこの日、ストレートの勝利を挙げた唯一の選手だったが、滑り出しからスムースだったわけではない。実際、彼は第1セットで先にブレークを許して2-3とリードされ、次のドナルドソンのサービスゲームではセットポイントさえ握られたが、そこをしのいでブレークバック。勝負をタイブレークに持ち込み、結局セットを先取した。

「2-3からブレークしたあとには特に、すごくいいプレーができた。セットポイントをセーブしたことが、この試合のカギだったと思う。あそこでセットを落としていたら、勝負はどちらへも転び得た」とチョリッチは振り返る。

「でも僕は必要な瞬間にリスクをおかし、思いきって打っていった。そしてそれが入ったんだ。そこから、僕は自分が優勢になったと感じ、思いきって打ち出した。これは僕にとっては普通のことじゃないんだ。コート上で、すごくいいフィーリングを覚えていた」

 この言葉通り、第2セットを簡単に取り、第3セットのタイブレークでも、バックハンドのダウン・ザ・ラインのウィナーで始める果敢さを見せたチョリッチは、ストロークを深く入れ、長いラリーにも耐え抜いて、常にリードをキープ。このタイブレークでは6-5まで追い上げられたが、最後はチョリッチのサービスがコードに当たり、やや反応が遅れたドナルドソンの浮いた返球を、チョリッチがきっちりしとめた。

「ノーレット・ルールは好きだったよ。マッチポイントで僕を助けてくれたからね」とチョリッチは開口一番言った。「ほかの大会でもやるべきだ。ほとんど触ってないようなレットもあって、よく言い合いになっているから」。

 一方、この日最後の試合では、地元選手のジャンルイジ・クインツィ(イタリア)が、第1シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)を4-1 0-4 4-3(3) 4-0 3-4(3)と、ぎりぎりまで追い詰める好試合を演じた。

画像: 地元イタリアのクインツィ(写真)がトップシードのルブレフに惜敗 MILAN, ITALY - NOVEMBER 07: Gianluigi Quinzi of Italy returns a backhand in his match against Andrey Rublev of Russia during Day 1 of the Next Gen ATP Finals on November 7, 2017 in Milan, Italy. (Photo by Emilio Andreoli/Getty Images)

地元イタリアのクインツィ(写真)がトップシードのルブレフに惜敗
MILAN, ITALY - NOVEMBER 07: Gianluigi Quinzi of Italy returns a backhand in his match against Andrey Rublev of Russia during Day 1 of the Next Gen ATP Finals on November 7, 2017 in Milan, Italy. (Photo by Emilio Andreoli/Getty Images)

 クインツィは今でこそ306位(最新)だが、2013年には準決勝でカイル・エドマンド(イギリス)、決勝でチョン・ヒョン(韓国)を下してジュニア・ウィンブルドンに優勝した元有望ジュニア。その後、故障や度重なるコーチ変更など複数の問題のせいで調子を落としていたが、ルブレフのミスにつけ込み、深夜まで観客を沸かせる力を見つけ出した。

ラウンドロビン・グループ

グループA

アンドレイ・ルブレフ(ロシア)[1]、デニス・シャポバロフ(カナダ)[3]、チョン・ヒョン(韓国)[6]、ジャンルイジ・クインツィ(イタリア)[WC]

○チョン 1-4 4-3(5) 4-3(4) 4-1●シャポバロフ
○ルブレフ 1-4 4-0 4-3(3) 0-4 4-3(3) ●クインツィ

グループB

カレン・カチャノフ(ロシア)[2]、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)[4]、ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)[5]、ダニール・メドベデフ(ロシア)[7]

○メドベデフ 2-4 4-3(6) 4-3(3) 4-2 ●カチャノフ
○チョリッチ 4-3(2) 4-1 4-3(5) ●ドナルドソン

Race to Milan ランキング(10月30日付)

Race to Milan(ATPランキング)選手名(国名)年齢|2017年の主な戦績ほか

1位(4位) アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)20歳 |ATPファイナルズ出場(今大会欠場)

2位(35位)アンドレイ・ルブレフ(ロシア)20歳|ウマグ(ATP250)優勝

3位(44位)カレン・カチャノフ(ロシア)21歳|ハレ(ATP500)ベスト4のほか、4大会でベスト8

4位(49位)デニス・シャポバロフ(カナダ)18歳|モントリオール(ATP1000)ベスト4

5位(51位)ボルナ・チョリッチ(クロアチア)20歳|マラケッシュ(ATP250)優勝

6位(54位)ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)21歳|シンシナティ(ATP1000)ベスト8

7位(54位)チョン・ヒョン(韓国)21歳|ミュンヘン(ATP250)ベスト4、バルセロナ(ATP500)ベスト8

8位(63位)ダニール・メドベデフ(ロシア)21歳|チェンナイ(ATP250)準優勝のほか、7大会ベスト8以上

56位(294位)ジャンルイジ・クインツィ(イタリア)21歳|2013年ウインブルドン・ジュニア優勝

This article is a sponsored article by
''.