「兵庫ノアチャレンジャー」(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/本戦11月6~12日/賞金総額5万ドル/室内ハードコート)の本戦3日目は、シングルス1回戦残り5試合と2回戦3試合およびダブルス1回戦残り2試合と準々決勝2試合が行われた。

 シングルスの日本勢は、第7シードの添田豪(GODAI)がジェイソン・ジュン(台湾)を6-3 6-4で破って8強入りを決めたが、第5シードの伊藤竜馬(北日本物産)と予選勝者の福田創楽(イカイ)は2回戦で敗れた。

画像: シングルス準々決勝に進出した第7シードの添田豪(GODAI)

シングルス準々決勝に進出した第7シードの添田豪(GODAI)

 第2シードのダニエル太郎(エイブル)はジャン・ザ(中国)に5-7 1-6で敗れ、初戦で姿を消した。

 ダブルスでは、第2シードのアレックス・ボルト/ブラッドリー・モーズレイ(ともにオーストラリア)と第4シードのジーヴァン・ネドゥンチェリヤン(インド)/クリストファー・ルンガット(インドネシア)が準決勝に進出。1ヵ月前に楽天ジャパンオープン(ATP500/ハードコート)でATPツアー制覇を果たしたマクラクラン勉(日本)/内山靖崇(北日本物産)は、第1シードのマット・リード/アンドリュー・ウィッティントン(ともにオーストラリア)を6-4 6-4で下して初戦を勝ち上がった。

 11月9日(木)は11時00分から、シングルス2回戦残り5試合とダブルス準々決勝残り2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、SEはスペシャル・イグザンプト、Ret.は途中棄権

シングルス2回戦

○6クォン・スンウー(韓国)7-6(4) 6-3 ●8伊藤竜馬(北日本物産)[5]

○16ジョン・ミルマン(オーストラリア)[8] 6-1 6-1 ●14福田創楽(イカイ)[Q]

○17添田豪(GODAI)[7] 6-3 6-4 ●19ジェイソン・ジュン(台湾)

シングルス1回戦

○1ラドゥ・アルボット(モルドバ)[1] 6-1 3-0 Ret. ●2ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア)

○9マシュー・エブデン(オーストラリア)[3] 4-6 6-4 7-5 ●10守屋宏紀(北日本物産)

○27フーベルト・フルカッチュ(ポーランド)[SE] 6-4 6-4 ●28ルーカス・ミードラー(オーストリア)[Q]

○30アレックス・ボルト(オーストラリア)6-3 6-4 ●29エダン・レシェム(イスラエル)

○31ジャン・ザ(中国)7-5 6-1 ●32ダニエル太郎(エイブル)[2]

ダブルス準々決勝

○12ジーヴァン・ネドゥンチェリヤン/クリストファー・ルンガット(インド/インドネシア)[4] 6-2 6-3 ●9ガオ・シン/ジャン・ザ(中国)

○16アレックス・ボルト/ブラッドリー・モーズレイ(オーストラリア)[2] 6-3 5-7 [11-9] ●14ゴン・マオシン/ペン・シェン イン(中国/台湾)

ダブルス1回戦

○2マクラクラン勉/内山靖崇(日本/北日本物産)6-4 6-4 ●1マット・リード/アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)[1]

○8マックス・パーセル/アキラ・サンティラン(オーストラリア)7-6(1) 7-6(3) ●7オースティン・クライチェク/ジャクソン・ウィズロウ(アメリカ)

画像: ダブルス1回戦で第1シードを破ったマクラクラン勉(左)/内山靖崇

ダブルス1回戦で第1シードを破ったマクラクラン勉(左)/内山靖崇

写真提供◎(一社)兵庫県テニス協会/兵庫ノアチャレンジャー

This article is a sponsored article by
''.