21歳以下のトップ8対決「Next Gen ATPファイナルズ」(イタリア・ミラノ/11月7〜11日)の2日目、ラウンドロビン(2グループに分かれて総当たり戦)の第2試合目で、カレン・カチャノフ(ロシア)がジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)を4-1 4-3(3) 4-2のストレートで破り、1勝目を挙げた。ドナルドソンのラウンドロビンの成績はこれで2敗となった。
 
 昨日の対メドベデフ戦でも、打ちしこりながら要所でネットをとり、序盤はいいプレーをしていたカチャノフだが、勝手知ったる同胞メドベデフに、次第にリズムを狂わされた。しかしこの日は、ストロークの威力と粘り強さという意味でやや劣ったドナルドソンを、最初から最後まで圧倒。

「ただほんの数ポイントが違いを生んだ。昨日勝てなかったのは残念だったが、今日はすべてが僕に都合のいいように進み、いいプレーができたからうれしいよ。昨日も、いいテニスはできていたと思う」と試合後、カチャノフはご機嫌の様子で言った。
 
 今回集まった若手の中で、すでにかなり自分のテニスが固まっている感のあるカチャノフだが、今後伸ばしたい部分は、「すべてだけど、大きな要素はメンタリティだろう」と言う。

「常にすべての試合で100%注ぎ、いい調子であるよう努め続けなければならない。そして調子が悪いときにも、何とか勝とうと努める必要があるんだよ」

 昨日、メドベデフのしたたかさにしてやられたカチャノフが準決勝進出を望むには、木曜日の試合に勝ち、同時にほかの試合結果が自分に都合のいい方向に転ぶよう祈らなければならない。

ラウンドロビン・グループ

グループA

アンドレイ・ルブレフ(ロシア)[1]、デニス・シャポバロフ(カナダ)[3]、チョン・ヒョン(韓国)[6]、ジャンルイジ・クインツィ(イタリア)[WC]

○チョン 1-4 4-3(5) 4-3(4) 4-1●シャポバロフ
○チョン 4-0 4-1 4-3(1) ●ルブレフ
○ルブレフ 1-4 4-0 4-3(3) 0-4 4-3(3) ●クインツィ
○シャポバロフ 4-1 4-1 3-4(5) 4-3(5) ●クインツィ

グループB

カレン・カチャノフ(ロシア)[2]、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)[4]、ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)[5]、ダニール・メドベデフ(ロシア)[7]

○チョリッチ 4-3(2) 4-1 4-3(5) ●ドナルドソン
○チョリッチ 4-3(5) 2-4 4-1 4-2 ●メドベデフ
○メドベデフ 2-4 4-3(6) 4-3(3) 4-2 ●カチャノフ
○カチャノフ 4-1 4-3(3) 4-2 ●ドナルドソン

Race to Milan ランキング(10月30日付)

Race to Milan(ATPランキング)選手名(国名)年齢|2017年の主な戦績ほか

1位(4位) アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)20歳 |ATPファイナルズ出場(今大会欠場)

2位(35位)アンドレイ・ルブレフ(ロシア)20歳|ウマグ(ATP250)優勝

3位(44位)カレン・カチャノフ(ロシア)21歳|ハレ(ATP500)ベスト4のほか、4大会でベスト8

4位(49位)デニス・シャポバロフ(カナダ)18歳|モントリオール(ATP1000)ベスト4

5位(51位)ボルナ・チョリッチ(クロアチア)20歳|マラケッシュ(ATP250)優勝

6位(54位)ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)21歳|シンシナティ(ATP1000)ベスト8

7位(54位)チョン・ヒョン(韓国)21歳|ミュンヘン(ATP250)ベスト4、バルセロナ(ATP500)ベスト8

8位(63位)ダニール・メドベデフ(ロシア)21歳|チェンナイ(ATP250)準優勝のほか、7大会ベスト8以上

56位(294位)ジャンルイジ・クインツィ(イタリア)21歳|2013年ウインブルドン・ジュニア優勝

※トップ写真はカレン・カチャノフ
MILAN, ITALY - NOVEMBER 08: Karen Khachanov of Russia returns a forehand in his match against Jared Donaldson of the United States during Day 2 of the Next Gen ATP Finals on November 8, 2017 in Milan, Italy. (Photo by Emilio Andreoli/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.