「安藤証券オープン 東京」(東京都江東区・有明テニスの森公園コート/本戦11月7~12日/賞金総額10万ドル/ハードコート)の本戦4日目は、シングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われた。

 シングルスは、第1シードのジャン・シューアイ(中国)、第2シードのミハエラ・ブザルネスク(ルーマニア)、第3シードの奈良くるみ(安藤証券)、第6シードのダルマ・ガルフィ(ハンガリー)がベスト4に進出。準決勝では、ジャンが奈良と、ブザルネスクはガルフィと対戦する。

 日本勢は2人が準々決勝に臨み、奈良が第8シードのジョージア・ブレシア(イタリア)を6-3 4-6 7-5で下して勝ち進んだが、波形純理(伊予銀行)はブザルネスクに4-6 2-6で敗れた。

 ダブルスでは、前年の優勝ペアで第4シードの藤原里華(北日本物産)/内藤祐希(TEAM YONEZAWA)が第2シードの二宮真琴(橋本総業ホールディングス)/澤柳璃子(ミキハウス)を6-4 7-6(3)で下して決勝に進出。大会連覇をかけて、チェ・ジヒ(韓国)/小関みちか(フリー)を7-6(8) 7-5で破った第1シードの穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)/波形と対戦する。

画像: ダブルスで2年連続決勝進出を果たした藤原里華/内藤祐希(撮影◎JET田中)

ダブルスで2年連続決勝進出を果たした藤原里華/内藤祐希(撮影◎JET田中)

 11月11日(土)は11時00分からシングルス準決勝2試合、13時00分以降にダブルス決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

シングルス準々決勝

○1ジャン・シューアイ(中国)[1] 6-2 6-2 ●8チャン・スジョン(韓国)[7]

○9奈良くるみ(安藤証券)[3] 6-3 4-6 7-5 ●16ジョージア・ブレシア(イタリア)[8]

○17ダルマ・ガルフィ(ハンガリー)[6] 6-3 6-3 ●21ナオミ・チョン(アメリカ)[Q]

○32ミハエラ・ブザルネスク(ルーマニア)[2] 6-4 6-2 ●27波形純理(伊予銀行)

ダブルス準決勝

○1穂積絵莉/波形純理(橋本総業ホールディングス/伊予銀行)[1] 7-6(8) 7-5 ●8チェ・ジヒ/小関みちか(韓国/フリー)

○12藤原里華/内藤祐希(北日本物産/TEAM YONEZAWA)[4] 6-4 7-6(3) ●16二宮真琴/澤柳璃子(橋本総業ホールディングス/ミキハウス)[2]

※トップ写真はシングルス準決勝に進出した第3シードの奈良くるみ(安藤証券)
写真提供◎株式会社クリヤマスポーツプロモーションズ
撮影◎JET田中

This article is a sponsored article by
''.