世界トップ8が争う「Nitto ATPファイナルズ」(11月12〜19日/イギリス・ロンドン/賞金総額800万ドル/室内ハードコート)のラウンドロビン(2グループに分かれての総当たり戦)。

 ブレーク1回とミニブレーク----それが、ロジャー・フェデラー(スイス)が初戦に勝つために必要としたすべてだった。

 グランドスラム優勝歴19回のチャンピオンは、ジャック・ソック(アメリカ)に対する6-4 7-6(4)の勝利の最初のゲームで、ソックのサービスをブレークした。ふたりはその後、自らのサービスをすべてキープした。

 世界ランキング2位の36歳、フェデラーは、この年末の大会が1970年に始まって以来、もっとも年齢の高い出場権獲得者だ。彼は今季、オーストラリアン・オープンとウインブルドンで優勝している。

 フェデラーはこの試合で、バックハンドのウィナーを決め、この威信ある大会でデビューを遂げたソックを第1ゲームでブレークした。

「第1セットの第1ゲームで、1回だけファーストサービスをミスしたんだ」とソックは言った。「僕はチャンスを手にしていたが、彼はあのフォアハンドで、僕を不利なポジションに追い込んだんだよ」。

 それが双方のプレーヤーにとって、第1セットでの唯一のブレークポイントだった。(C)AP(テニスマガジン)

ラウンドロビン・グループ

グループ・ピート・サンプラス

ラファエル・ナダル(スペイン)[1]、ドミニク・ティーム(オーストリア)[4]、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[6]、ダビド・ゴファン(ベルギー)[7]

グループ・ボリス・ベッカー

ロジャー・フェデラー(スイス)[2]、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[3]、マリン・チリッチ(クロアチア)[5]、ジャック・ソック(アメリカ)[8]

○フェデラー 6-4 7-6(4) ●ソック
○ズベレフ 6-4 3-6 6-4 ●チリッチ


※トップ写真はソック(左)を破り、グループ1勝目を挙げたフェデラー(右)
LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 12: Roger Federer of Switzerland watches a line call challenge on match point at the net with Jack Sock of the United States during the Nitto ATP World Tour Finals at O2 Arena on November 12, 2017 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.