「ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ」(愛知県豊田市・スカイホール豊田メインホール/本戦11月13~19日/賞金総額5万ドル/室内カーペットコート)の本戦3日目は、シングルス1回戦残り2試合と2回戦4試合およびダブルス1回戦残り2試合と準々決勝1試合が行われた。

 シングルスは、第2シードのマシュー・エブデン(オーストラリア)、第8シードのイ・ダクヒ(韓国)、マックス・パーセル(オーストラリア)、アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)がベスト8に進出。第4シードの添田豪(GODAI)、ワイルドカード(主催者推薦枠)の今井慎太郎(東通産業)と清水悠太(イカイ)の日本勢3人は2回戦で敗れた。

 第3シードの伊藤竜馬(北日本物産)は初戦に臨み、前週の兵庫(ATPチャレンジャー/5万ドル/室内ハードコート)で優勝を飾ったステファン・ロベール(フランス)を6-3 5-7 6-2で下して2回戦に駒を進めた。

 ダブルスでは、松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)/イ・チュハン(台湾)が今井/仁木拓人(三菱電機)を6-7(3) 6-4 [10-4]で破り、準決勝進出を決めている。

 11月16日(木)は10時00分から始まる女子の試合のあとの11時30分以降に、シングルス2回戦残り4試合とダブルス準々決勝残り3試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Ret.は途中棄権

シングルス2回戦

○3アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)6-3 6-3 ●2今井慎太郎(東通産業)[WC]

○12マックス・パーセル(オーストラリア)6-2 7-6(6) ●9添田豪(GODAI)[4]

○25イ・ダクヒ(韓国)[8] 6-3 6-3 ●27リー・ジェ(中国)

○32マシュー・エブデン(オーストラリア)[2] 6-3 6-2 ●30清水悠太(イカイ)[WC]

シングルス1回戦

○8カルバン・エメリー(フランス)[7] 6-4 7-6(4) ●7アレックス・ボルト(オーストラリア)

○24伊藤竜馬(北日本物産)[3] 6-3 5-7 6-2 ●23ステファン・ロベール(フランス)

ダブルス準々決勝

○11松井俊英/イ・チュハン(ASIA PARTNERSHIP FUND/台湾)6-7(3) 6-4 [10-4] ●9今井慎太郎/仁木拓人(東通産業/三菱電機)[WC]

ダブルス1回戦

○5マクラクラン勉/内山靖崇(日本/北日本物産)[3] 4-6 7-6(2) [12-10] ●6ジェイソン・ジュン/ペン・シェン イン(台湾)

○15オマール・ジェシカ/エダン・レシェム(オーストラリア/イスラエル)7-6(4) Ret. ●16サンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(タイ)[2]

※写真は1回戦で前週優勝のステファン・ロベール(フランス)を破った第3シードの伊藤竜馬(北日本物産)
写真提供◎ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ
撮影◎大澤泰紀

This article is a sponsored article by
''.