「ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ」(愛知県豊田市・スカイホール豊田メインホール/本戦11月14~19日/賞金総額6万ドル/室内カーペットコート)の本戦2日目は、シングルス1回戦残り10試合とダブルス1回戦残り2試合が行われた。

 シングルスのシード勢は、第1シードのミハエラ・ブザルネスク(ルーマニア)、第3シードのタマラ・ジダンセク(スロベニア)、第5シードのルー・ジアジン(中国)、第6シードの今西美晴(島津製作所)、第8シードの波形純理(伊予銀行)が2回戦に駒を進めたが、第4シードのジョージア・ブレシア(イタリア)と第7シードの日比万葉(安藤証券)は敗れた。

 ダブルスでは、第1シードのセニア・リキーナ(ロシア)/波形がワイルドカード(主催者推薦枠)の加治遥(島津製作所)/澤柳璃子(ミキハウス)を5-7 7-6(3) [10-3]で、ケイティ・ダン(イギリス)/奥野彩加(フリー)はチェ・ジヒ/キム・ナリ(ともに韓国)を5-7 7-6(2) [10-4]で破り、ベスト8が出揃った。

 11月16日(木)は10時00分から、シングルス2回戦8試合とダブルス準々決勝4試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

シングルス1回戦

○1ミハエラ・ブザルネスク(ルーマニア)[1] 7-5 6-2 ●2エミナ・ベクタス(アメリカ)

○4澤柳璃子(ミキハウス)7-6(2) 7-5 ●3岡村恭香(ストライプインターナショナル)[Q]

○7藤原里華(北日本物産)[Q] 6-0 6-2 ●8日比万葉(安藤証券)[7]

○10ケイティ・ダン(イギリス)6-1 Ret. ●9ジョージア・ブレシア(イタリア)[4]

○16ルー・ジアジン(中国)[5] 6-1 7-5 ●15吉冨愛子(橋本総業ホールディングス)[Q]

○17今西美晴(島津製作所)[6] 6-1 6-2 ●18青山修子(近藤乳業)

○19アンキタ・レイナ(インド)2-6 6-1 6-1 ●20西本恵(島津製作所)[Q]

○22瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)3-6 6-1 6-1 ●21ピアンタン・プリプーチ(タイ)

○24タマラ・ジダンセク(スロベニア)[3] 6-3 6-0 ●23細木祐佳(フリー)[WC]

○25波形純理(伊予銀行)[8] 6-0 6-0 ●26美濃越舞(YCA)

画像: シングルス2回戦に進出した澤柳璃子(ミキハウス)(撮影◎大澤泰紀)

シングルス2回戦に進出した澤柳璃子(ミキハウス)(撮影◎大澤泰紀)

ダブルス1回戦

○1セニア・リキーナ/波形純理(ロシア/伊予銀行)[1] 5-7 7-6(3) [10-3] ●2加治遥/澤柳璃子(島津製作所/ミキハウス)[WC]

○3ケイティ・ダン/奥野彩加(イギリス/フリー)5-7 7-6(2) [10-4] ●4チェ・ジヒ/キム・ナリ(韓国)

※トップ写真はシングルス2回戦に進出した第6シードの今西美晴(島津製作所)
写真提供◎ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ
撮影◎大澤泰紀

This article is a sponsored article by
''.