「ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ」(愛知県豊田市・スカイホール豊田メインホール/本戦11月13~19日/賞金総額5万ドル/室内カーペットコート)の本戦5日目は、シングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われた。

 シングルスは、第2シードのマシュー・エブデン(オーストラリア)、第5シードのジョン・ミルマン(オーストラリア)、第7シードのカルバン・エメリー(フランス)、フーベルト・フルカッチュ(ポーランド)が準決勝に進出。フルカッチュと対戦した第3シードの伊藤竜馬(北日本物産)は0-6 0-4とリードされた時点で右臀部の故障で棄権したため、4強入りはならなかった。

 ダブルスでは、ルベン・ゴンサレス(フィリピン)/クリストファー・ルンガット(インドネシア)が松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)/イ・チュハン(台湾)を7-6(1) 6-3で、マックス・パーセル/アンドリュー・ウィッティントン(ともにオーストラリア)は前週の兵庫(ATPチャレンジャー/5万ドル/室内ハードコート)で優勝を飾った第3シードのマクラクラン勉(日本)/内山靖崇(北日本物産)を4-6 6-1 [10-4]で破り、それぞれ決勝に進出した。

 11月18日(土)は11時30分からシングルス準決勝2試合、14時00分以降にダブルス決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Ret.は途中棄権

シングルス準々決勝

○8カルバン・エメリー(フランス)[7] 3-6 6-3 7-5 ●3アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)

○16ジョン・ミルマン(オーストラリア)[5] 7-5 6-2 ●12マックス・パーセル(オーストラリア)

○19フーベルト・フルカッチュ(ポーランド)6-0 4-0 Ret. ●24伊藤竜馬(北日本物産)[3]

○32マシュー・エブデン(オーストラリア)[2] 6-3 6-0 ●25イ・ダクヒ(韓国)[8]

ダブルス準決勝

○4マックス・パーセル/アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)4-6 6-1 [10-4] ●5マクラクラン勉/内山靖崇(日本/北日本物産)[3]

○13ルベン・ゴンサレス/クリストファー・ルンガット(フィリピン/インドネシア)7-6(1) 6-3 ●11松井俊英/イ・チュハン(ASIA PARTNERSHIP FUND/台湾)

※写真はシングルス準決勝に進出した第2シードのマシュー・エブデン(オーストラリア)
写真提供◎ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ
撮影◎大澤泰紀

This article is a sponsored article by
''.