「ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ」(愛知県豊田市・スカイホール豊田メインホール/本戦11月14~19日/賞金総額6万ドル/室内カーペットコート)の本戦4日目は、シングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われた。

 シングルスは、第1シードのミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)、第3シードのタマラ・ジダンセク(スロベニア)、第5シードのルー・ジアジン(中国)、第8シードの波形純理(伊予銀行)がベスト4に進出。準決勝では、ブザネスクがルーと、ジダンセクは波形と対戦する。

 日本勢は、波形が第2シードのダルマ・ガルフィ(ハンガリー)を4-6 7-6(1) 6-3で下して4強入りを決めたが、第6シードの今西美晴(島津製作所)と加治遥(島津製作所)は敗れた。

 ダブルスでは、第1シードのセニア・リキーナ(ロシア)/波形が藤原里華(北日本物産)/清水綾乃(Club MASA)を6-4 6-3で、第4シードのニチャ・ラピタクシンチャイ/ピアンタン・プリプーチ(ともにタイ)はワイルドカード(主催者推薦枠)の西本恵(島津製作所)/吉冨愛子(橋本総業ホールディングス)を6-4 6-1で破り、それぞれ決勝に進出した。

 11月18日(土)は11時00分から、シングルス準決勝2試合とダブルス決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

シングルス準々決勝

○1ミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)[1] 6-3 6-3 ●5加治遥(島津製作所)

○16ルー・ジアジン(中国)[5] 6-1 6-7(3) 6-4 ●11ローラ・ロブソン(イギリス)

○24タマラ・ジダンセク(スロベニア)[3] 6-3 6-2 ●17今西美晴(島津製作所)[6]

○25波形純理(伊予銀行)[8] 4-6 7-6(1) 6-3 ●32ダルマ・ガルフィ(ハンガリー)[2]

ダブルス準決勝

○1セニア・リキーナ/波形純理(ロシア/伊予銀行)[1] 6-4 6-3 ●6藤原里華/清水綾乃(北日本物産/Club MASA)

○12ニチャ・ラピタクシンチャイ/ピアンタン・プリプーチ(タイ)[4] 6-4 6-1 ●15西本恵/吉冨愛子(島津製作所/橋本総業ホールディングス)[WC]

※写真は第2シードを倒して日本勢で唯一シングルス4強入りを果たした第8シードの波形純理(伊予銀行)
写真提供◎ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ
撮影◎大澤泰紀

This article is a sponsored article by
''.