テニス・スター、ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)がUSオープンに出場中に、強盗が彼女のフロリダの家に押し入り、40万ドル相当の物品を盗んだことを、警察が明かした。

 この空き巣狙いは9月1日から5日の間に、守衛に守られた裕福な地区にある、1000平米のビーナスに自宅で起きた、とパームビーチガーデン警察は声明文の中で述べた。警察は、何が盗まれたかについての公表を避けている。まだ犯人は捕まっていない。

 パームビーチ・カウンティの物件の記録によれば、ビーナスと彼女の妹セレナは、2000年にこの新しい家を買った。家の価値は、現在230万ドルと査定されている。

 ビーナスの代理人であるカルロス・フレミングは、コメントを求める電子メールに返答しなかった。この強盗に関するニュースは、最初、WPEC-TVによって報道された。

パームビーチガーデン警察が、メディアがニュースを報じるまでビーナスが関わる事件を公にしなかったのは、ここ5ヵ月で2度目のことだ。

 6月、ビーナスは家の近くで交通事故に巻き込まれ、相手の車に乗っていた乗客は事故後間もなく死亡していた。警察は、事故の調査はまだ続いていると言っており、彼女は亡くなった男性の家族に訴えられている。パームビーチガーデン警察は、ウェブサイトのTMZが事故の3週間後にストーリーを報じるまで、事故のレポートの公表や報道機関用の発表を行っていなかった。

 同警察のエドゥアルド・ギラン氏は、住民の関わる死者の出た交通事故、重大な犯罪について、プレス用のリリースを出すことは、この警察が習慣的に実施していることではない、と言った。それはフロリダの他の地区の署では、通常行われていることだ。

「事件の情報を手当たり次第に発するつもりはない。ウイリアムズさんは我々の地域に住むプライベートな市民であり、彼女は、すべての市民が期待するのと同じプライバシーを与えられるだろう」とギラン氏は、APへの電子メールの中で述べている。

 住民5万4000人のこの地区には、主に中流階級が住むが、裕福な人々が居住する一角もある。

 37歳のビーナスは、ウインブルドンとオーストラリアン・オープンで準優勝し、USオープンでもベスト4と、コート上ではここ数年で最高の年を送っていた。

 ビーナスは7つのグランドスラム・タイトルを獲得しており、キャリアを通してコート上で稼いだ収入だけで4000万ドル近くになると推定される。加えて彼女は自分のファッション・ラインを持ち、またラルフローレン、クラフトフーズ、タイド・デタージェント(洗剤のメーカー)、ウイルソン・スポーツとスポンサー契約を結んでいる。彼女はまた、小さなパーセンテージではあるが、マイアミ・ドルフィンズ(アメフトチーム)の所有権も保持している。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はWTAファイナルズ(シンガポール)でのビーナス・ウイリアムズ
SINGAPORE - OCTOBER 28: Venus Williams of the United States walks out for her singles semi final match against Caroline Garcia of France during day 7 of the BNP Paribas WTA Finals Singapore presented by SC Global at Singapore Sports Hub on October 28, 2017 in Singapore. (Photo by Julian Finney/Getty Images for WTA)

This article is a sponsored article by
''.