マリア・シャラポワ(ロシア)が、彼女の名前を使って結局実現しなかった、高級住宅の裏書譲渡を行った不動産会社に関わる詐欺と犯罪的共謀について、インドの警察から調査を受けた。
 
 不動産会社のホームステッド・インフラストラクチャーは、ヘリ発着所やテニスアカデミーなどの娯楽施設をともなう『バレエ by マリア・シャラポワ』という名のプロジェクトを餌に、数千万ルピー(数百万ドル)を、住宅を購入しようとした人々から騙し取ったことで糾弾されている。グランドスラム大会で5度優勝したシャラポワは、2013年にインドに旅し、盛大な祝賀会でこのプロジェクトを発進させた。警察は11月16日に捜査を開始した。
 
 ある住宅購入者の代理人を務めるピユシ・シン弁護士は、ほとんどの人々がこのプロジェクトに金を投じた理由はシャラポワの名声だったと言った。
 
 彼のクライアントであるブハワナ・アガルワル女史は、インド首都の郊外都市であるグルグラム(旧名グルガオン)のプロジェクトにシャラポワが加わっていたことに感銘を受け、ホームステッド・インフラストラクチャーに530万ルピー(8万1678ドル)を払ったのだと、シン弁護士は話した。この派手なプロジェクトにおけるアパートメント一軒の値段は2000万ルピー(30万8000ドル)だった。
 
 アガルワル女史はそれから3年間、住宅と自分の投資についてアップデートを求めるため建設会社を追跡したが、彼らは彼女の電話に応えることさえしなくなったとシン弁護士は言う。この水曜日に、メディアも建設会社のウェブサイトに掲載されている電話番号へ連絡を試みたが、誰も応答しなかった。
 
「このプロジェクトは一度も日の目を見なかったのです」とシン弁護士は言った。
 
 シン弁護士は、顧客の苦情を基盤においたこの警察の捜査は、比較的新しい法的分野をテストすることになると言う。論点は、投資家たちから多大な資金を引き出すプロジェクトを支持する有名人は、その名と名声を貸す前に、そのプロジェクトが信頼性のあるものかに注意を払う責任があるというものだ。
 
 シャラポワは、この不動産会社が巻き込んだ唯一の有名スポーツ選手ではなかった。同社は公式ウェブサイト上で、フォーミュラー1の偉人ミハエル・シューマッハの名を使った『ミハエル・シューマッハ・ワールドタワー』というプロジェクトの広告も行っていた。(C)AP(テニスマガジン)

※トップ写真はマリア・シャラポワ(10月にモスクワで撮影)
MOSCOW, RUSSIA - OCTOBER 17: Russian tennis player Maria Sharapova holds a press conference after the Women's Singles Tennis First Round match within the International Tennis Tournament VTB Kremlin Cup 2017 at the Olympic Stadium in Moscow, Russia on October 17, 2017. (Photo by Sefa Karacan/Anadolu Agency/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.