ダビド・ゴファン(ベルギー)は間もなく、自信が疲労に打ち勝つ助けとなるか否かを、知ることになるだろう。先週のATPファイナルズでのラファエル・ナダル(スペイン)とロジャー・フェデラー(スイス)に対する勝利のあと、フランスとのデビスカップ決勝でベルギーを率いるゴファンの意気込みは、石のごとく揺るがない。

 ジョーウィルフリード・ツォンガ、ルカ・プイユ、リシャール・ガスケらを擁するフランスは、彼らにとって10度目の優勝の有力候補だ。もしそれが実現すれば、2001年以来のタイトルとなる。フランスは、2002年、2010年、2014年も決勝に進出したが、準優勝に終わっていた。

 ベルギーは、フランスほどの選手層の厚さを誇っていない。彼らのエースは、スティーブ・ダルシーとともにシングルスを任されるゴファンだ。

 ここ1ヵ月にシングルスの11試合をプレーし、膝に慢性的問題を抱えているにも関わらず、世界7位のゴファンは、ベルギーがついにデビスカップのトロフィ―を掲げるという希望を胸に運んでいた。

「僕がトップ10プレーヤーであるという理由から、人々は僕がふたつのシングルスの双方で勝つことを期待している」と、デビスカップで19勝3敗の戦績を誇るゴファンは言った。「日曜日のマスターズでの準優勝に続き、僕の膝は休息を必要としている。でも今のところ、なんとか持ちこたえているよ。週末を通し110%でプレーしても、問題はないだろう」。

 23歳のゴファンは、フレンチ・オープンで被った足首の故障から回復し、ATPファイナルズ決勝でグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に敗れる前に、深圳と東京の2大会連続で優勝を遂げていた。次のタイトルは、デビスカップであり得る。ベルギーにほど近い北フランスのリールに位置する、2万7500人収容のピエール・モロワ・スタジアムには、ベルギーからも何千人というファンがやってくることが予想されている。

「そんなふうに年を終えられたら、本当に素晴らしいだろう」とゴファンは言った。「我々にとって、国にとって、ベルギーにとって本当に重要な、素敵な大会だ。トロフィーを手に国に帰ることができたら、信じられないほど素晴らしいだろう。我々は勝利の有力候補ではない。我々には、ここで失うものはほとんどないんだ」。

 実際、プレッシャーはフランスの肩にかかっている。フランスの監督を務めるヤニック・ノアは「我々は、自分たちの歴史の一片を書くことを目指している」と言った。「フランス・デビスカップ・チームとして、我々は過去に優勝した。しかしそれはかなり前のことだ。今、我々はこのチームで、私たち自身のデ杯を獲るため準備している。それが、我々が目指していることだ」。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は準決勝のオーストラリア戦でのダビド・ゴファン
BRUSSELS, BELGIUM - SEPTEMBER 17: David Goffin of Belgium celebrates defeating Nick Kyrgios of Australia in the fourth set during day three of the Davis Cup World Group semi final match between Belgium and Australia at Palais 12 on September 17, 2017 in Brussels, Belgium. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.