フランス・リールで始まったデビスカップ決勝(11月24~26日/室内ハードコート)の初日、ダビド・ゴファン(ベルギー)がルカ・プイユ(フランス)を7-5 6-3 6-1のストレートで下し、まずベルギーに1-0のリードを与えた。

 先週のATPファイナルズでラファエル・ナダル(スペイン)とロジャー・フェデラー(スイス)を倒し、準優勝したことで自信を膨らませたゴファンは、非常に攻撃的なテニスを展開し、試合を通してプレーの舵を握り続けた。彼は21本のウィナーと12本のサービスエースを叩き込み、一度も相手にブレークポイントを許さなかった。

「彼(ゴファン)がこのレベルでプレーするのを見たことは、稀にしかない」とプイユは言った。プイユは、これ以前の3対戦でゴファンに勝っていたのだ。「僕が時速220kmのサービスを打ったときでさえ、彼はボールをラインから30cmのところにリターンしてきた。彼は今、彼の人生最高のテニスをプレーしている」。

 ゴファンは「僕はサラダボウルを押して、ちょっとだけボーダーラインに近づけた」と、デビスカップのことを揶揄して言った。「ほんのちょっとだけね。なぜってカップはすごく重いから」。

 一方、フランスのトップ・プレーヤー、ジョーウィルフリード・ツォンガは、続く第2シングルスでスティーブ・ダルシー(ベルギー)を6-3 6-2 6-1と、勝るとも劣らぬ圧倒的勢いで倒し、対戦を1-1のタイに持ち込んだ。

 両国は土曜にダブルス1試合を戦い、日曜に、相手を入れ替えたシングルス2試合をプレーすることになる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は準決勝のオーストラリア戦でのダビド・ゴファン
BRUSSELS, BELGIUM - SEPTEMBER 17: David Goffin of Belgium in action against Nick Kyrgios of Australia during day three of the Davis Cup World Group semi final match between Belgium and Australia at Palais 12 on September 17, 2017 in Brussels, Belgium. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.