「平成29年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第54回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月30日~12月3日/室内ハードコート)の本戦が始まり、初日は男女単複の1回戦が行われた。

 第2シードの森崎可南子(筑波大3年)と越野菜摘(関大2年)の1回戦は激しい打ち合いとなったが、森崎が7-5 6-7(2) 7-6(4) のタフマッチを制して勝ち上がった。強力なフォアハンドを持つ森崎に向かっていた越野だが、あと一歩届かず。それでも「持てる力は出しきれたし、自分の課題もはっきりとわかった」と納得の表情を見せた。

 昨年のファイナリストの上唯希(早大3年)が第1シード。上は藤原夕貴(姫路大2年)に6-0 6-2のストレート勝利で初戦突破。第2セット序盤は藤原の反撃にあったが、要所を締めた。「自分のプレーをするだけ。もちろん優勝したいですけど、一戦一戦、しっかりと戦うだけです」と口にした。

画像: 第1シードの上はストレートの快勝

第1シードの上はストレートの快勝

 その上と、明日の準々決勝で戦うのは昨年ベスト4の小池颯紀(園田学園女子大2年)だ。今日の1回戦は大矢希(早大3年)を相手に6-1 6-1と完勝。ボールが深く入り、ゲームを終始、支配していた。ふたりは先月の全日本選手権で対戦したばかりで、そのときは上が6-4 6-4で勝利している。「今度は勝ちたい」と小池がリベンジを誓った。

画像: 力強く初戦を突破した小池

力強く初戦を突破した小池

 第3シードは1年生ながら今夏のインカレ女王となった清水映里(早大)。さらにたくましさの増した清水は、押野紗穂(慶大3年)に6-1 6-1と付け入る隙を与えなかった。サーブ&ボレーを含めたネットプレーも随所に見せ、プレーの幅が広がっている。

 第4シードの牛島里咲(筑波大3年)は予選突破で勢いに乗る向井マリア(慶大2年)を7-5 6-4で下し、2年連続の8強進出。筑波大からは森崎、牛島のほかに、1年生の千村もも花が予選を勝ち抜いて本戦ドローに名を連ねたが、本戦での勝利はつかめなかった。

 男子は予選突破4人全員が1回戦を勝ち上がったが、女子はふたりの予選勝者が勝利を手に入れた。中谷琴乃(甲南大2年)が千村に7-5 3-6 6-1、今村凪沙(鹿屋体育大1年)は小松莉奈(東洋学園大3年)に6-0 0-6 6-0 というスコアだった。明日の準々決勝で中谷は清水と、今村は牛島と対戦する。

画像: 千村とのフルセットマッチを制した中谷

千村とのフルセットマッチを制した中谷

 明日の本戦2日目は男女ともにシングルス準々決勝4試合、ダブルス準決勝2試合が予定されている。

(テニスマガジン編集部)

※トップ写真は、試合後の握手を交わす森崎可南子(筑波大3年)と越野菜摘(関大2年)

This article is a sponsored article by
''.