「平成29年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第54回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月30日~12月3日/室内ハードコート)の本戦2日目は男女シングルス準々決勝4試合、ダブルス準決勝2試合が行われた。

 第1シードの島袋将と小林雅哉の早大2年対決は、島袋が6-3 5-7 6-4で勝利した。島袋は今年の、小林は昨年のインカレ王者。予想通りの激戦だった。

 第1セットを先取した島袋だが、第2セットは腰の痛みもあって気持ちが引き、小林の反撃にあう。それでも最終セットは「できる限りのことをしようと思った」とメリハリのあるプレーを見せ、勝利をたぐり寄せた。

画像: 「次につなげられたのは大きい」と島袋

「次につなげられたのは大きい」と島袋

 第3シードの千頭昇平(早大1年)は予選を勝ち上がった高木修(近大2年)と激突。オールラウンドなプレーから6-2 6-0のストレート勝利。「自信を持って戦えている。自分からポイントを取りにいくテニスができている」と言葉に力を込めた。

画像: インカレに続いて4強入りの千頭

インカレに続いて4強入りの千頭

 高木は関西勢で唯一の8強入りだったが、千頭の速い展開に4強入りを阻まれた。「相手が上だった」と完敗を認めながら、「(大会を通じて)メンタル的に安定していた。過去最高の成績を残すことができたので、来年はこの成績を上回りたい」と前を向いた。

 予選勝者対決となった今村昌倫(慶大1年)と川橋勇太(筑波大2年)の準々決勝は、今村が試合開始から7ゲーム連取で主導権を握り、6-0 6-4で押しきった。第2セットは少しペースが落ちたものの、「最後はギアを上げて踏ん張りました」と笑顔を見せた。

画像: 予選から準決勝へ勝ち上がった今村(右)

予選から準決勝へ勝ち上がった今村(右)

 田中優之介(早大1年)は予選突破の福田真大(慶大2年)を6-2 6-4で退けた。第2セットは福田の粘り強いプレーに手こずり、苦しい時間帯が多かったが、「攻めの意識を忘れずに戦った」と田中。最後は力強いプレーで福田を振りきった。

画像: 4強進出の田中。ダブルスも決勝へ進んだ

4強進出の田中。ダブルスも決勝へ進んだ

 ベスト4には3人の早大勢が残った。島袋と千頭は今夏のインカレに続いて準決勝で激突。今村と田中は1年生同士の戦いとなる。

 明日の本戦3日目は男女ともにシングルス準決勝、ダブルス決勝が予定されている。ダブルス決勝は第1シードの坂井勇仁/田中優之介(早大3年/1年)と予選突破の古賀大貴/安上昴志(早大2年/2年)の早大対決となる。田中には2冠の可能性が残されている。

(テニスマガジン/編集部◎牧野 正)

※トップ写真は、島袋将と小林雅哉の準々決勝(ともに早大2年)


This article is a sponsored article by
''.