ITF(国際テニス連盟)の女子1.5万ドル大会「TENNIS ORGANISATION CUP」(トルコ・アンタルヤ/11月27日~12月3日/クレーコート)のダブルス決勝で、第1シードの村松千裕(グラムスリー)/メリス・セゼル(トルコ)が第2シードのピア・ケーニヒ(オーストリア)/Alina SILICH(ロシア)を6-1 6-4で下して優勝を果たした。試合時間は1時間18分。

 昨年の全日本ジュニア18歳以下のチャンピオンで、今年2月にプロに転向した19歳の村松は、単複を通して初のタイトル獲得となった。

 今大会での村松/セゼルは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のZaklin BOKAN(スロベニア)/Zeynep Naz OZTURK(トルコ)を6-4 6-2で、準々決勝でIoana GHEORGHITA/Andra Maria NITESCU(ともにルーマニア)を6-2 6-1で、準決勝ではマリーナ・チェルニショバ(ウクライナ)/Sviatlana PIRAZHENKA(ベラルーシ)を6-4 6-2で破って決勝進出を決めていた。

 シングルスの日本勢は、村松、高村颯希(Serbian Tennis Bridge)、高山千尋(フリー)の3人が本戦に出場し、高村のベスト4が最高成績だった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

日本人選手の結果

シングルス準決勝

●26高村颯希(Serbian Tennis Bridge)0-6 1-6 ○17マリーナ・チェルニショバ(ウクライナ)[6]

シングルス準々決勝

○26高村颯希(Serbian Tennis Bridge)6-3 6-4 ●29レッカ ルッカ・ヤニー(ハンガリー)

シングルス2回戦

●24村松千裕(グラムスリー)[3] 2-6 4-6 ○21Alina SILICH(ロシア)[Q]

○26高村颯希(Serbian Tennis Bridge)6-1 1-0 Ret. ●27リナ・グルシュコ(イスラエル)

シングルス1回戦

○24村松千裕(グラムスリー)[3] 7-6(4) 2-6 6-2 ●23ミア ニコール・エクランド(フィンランド)

○26高村颯希(Serbian Tennis Bridge)6-1 6-2 ●25Sviatlana PIRAZHENKA(ベラルーシ)[5]

●12高山千尋(フリー)2-6 6-4 2-6 ○11Eliessa VANLANGENDONCK(ベルギー)

ダブルス決勝

○1村松千裕/メリス・セゼル(グラムスリー/トルコ)[1] 6-1 6-4 ●12ピア・ケーニヒ/Alina SILICH(オーストリア/ロシア)[2]

ダブルス準決勝

○1村松千裕/メリス・セゼル(グラムスリー/トルコ)[1] 6-4 6-2 ●5マリーナ・チェルニショバ/Sviatlana PIRAZHENKA(ウクライナ/ベラルーシ)

ダブルス準々決勝

○1村松千裕/メリス・セゼル(グラムスリー/トルコ)[1] 6-2 6-1 ●3Ioana GHEORGHITA/Andra Maria NITESCU(ルーマニア)

ダブルス1回戦

○1村松千裕/メリス・セゼル(グラムスリー/トルコ)[1] 6-4 6-2 ●2Zaklin BOKAN/Zeynep Naz OZTURK(スロベニア/トルコ)[WC]

●8高村颯希/高山千尋(Serbian Tennis Bridge/フリー)6-3 1-6 [8-10] ○7Mihaela KAFTANOVA/Zhibek KULAMBAYEVA(ブルガリア/カザフスタン)

※写真は昨年のUSオープン・ジュニアでの村松千裕(グラムスリー)
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 04: Chihiro Muramatsu of Japan returns a shot to Federica Bilardo of Italy during her first round Junior Girl's match on Day Seven of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 4, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.