「平成29年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第54回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月30日~12月3日/室内ハードコート)の本戦4日目/最終日は男女シングルス決勝が行われ、女子シングルスは第3シードの清水映里(早大1年)が第1シードの上唯希(早大3年)を7-6(2) 4-6 6-4で下して優勝を決めた。

画像: パワフルなストロークが武器の清水

パワフルなストロークが武器の清水

 一進一退の攻防という表現が、ぴったりの決勝だった。清水がブレークに成功すれば、すぐに上がブレークバックで追い上げる。同じレフティー同士。ストローク戦では互角に打ち合い、目が離せない展開で試合が進んでいった。

 第1セットはお互い譲らず、タイブレークに突入。ポイント2-2から抜け出したのは清水だった。パワフルなショットを叩き込み、怒濤の5ポイント連取で7-2とし、第1セットを先取した。

 第2セットも清水が2-0とリードするが、上の真骨頂はここからだ。清水のパワーをしっかりと受け止めながら、逆に切り返してミスを誘う。緩急を使った展開力で勝負し、3ゲーム連取で3-2と追い越せば、このセットは6-4で最終セットへ勝負をつなげた。

画像: 粘り強く戦い抜いた上

粘り強く戦い抜いた上

 最終セットは3-3から清水が2ゲーム連取で5-3とし、上も粘りを見せたが、最後は6-4で清水が優勝をつかみ、今夏のインカレに続いて学生ビッグタイトルを手に入れた。

「インカレの優勝よりも、うれしい」と清水。インカレはノンプレッシャーで臨めたが、今回は違った。常勝軍団のエースとしての責任感。その中で、押野紗穂(慶大3年)や森崎可南子(筑波大3年)とライバル校のエースたちに勝利して勝ち取ったV。「大きな自信になりました」と笑顔が弾けた。

 上は2年連続の準優勝に終わった。腰の痛みを抱えての戦いに「フィジカル負けです」とポツリ。随所で上らしい巧さは見られたものの、清水の勢いは止められなかった。「ボールが重いし、それがミスになっても打つべきところに打ってくる」と勝者を称えた。

画像: シングルス決勝を争った清水(右)と上

シングルス決勝を争った清水(右)と上

写真◎毛受亮介

テニスマガジン/編集部◎牧野 正

※トップ写真は、第3シードから優勝を決めた清水映里(早大1年)


This article is a sponsored article by
''.