「平成29年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第54回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月30日~12月3日/室内ハードコート)の本戦4日目/最終日は男女シングルス決勝が行われ、男子シングルス決勝は田中優之介(早大1年)が千頭昇平(早大1年)を7-5 7-6(3)で下して優勝を飾り、単複2冠を達成した。

 ノーシードの早大1年生同士のファイナルは、田中がストレート勝利を飾った。第1シードのダブルスは優勝できると思っていたが、シングルスはベスト4が目標だったという。「単複2冠というのが本当にうれしい」と満面の笑み。単複ともにオールストレートの完全優勝だった。

画像: 力強いサービスを放つ田中

力強いサービスを放つ田中

 千頭との決勝は立ち上がりが悪く、1-4とリードを許した。しかし、ここで千頭が左膝の手当てでトレーナーを呼び入れる。2-5と追い込まれたが、「(千頭が)攻め急いでいると感じた」と田中。一気の5ゲーム連取で第1セットを先取した。

 第2セットは3-1のリードから3-3に追いつかれるも、ふたたび突き放して5-3と優勝に近づく。だが、千頭もあきらめない。田中が優勝を意識した隙を突いての3ゲーム連取で6-5と逆転に成功。ふたりの意地と意地がぶつかり合う激しい攻防だった。

画像: オールラウンドなプレーが魅力の千頭

オールラウンドなプレーが魅力の千頭

 もつれ込んだタイブレークは、田中がパワーで押しきった。出だしから5ポイント連取でたたみかけ、最終セットに勝負をつなげたい千頭の希望を打ち砕いた。「優勝がちらついてしまいましたが、最後は自信を持って一気にいきました」と田中が優勝を決めた。

 千頭は開始直後から左膝に違和感があったという。早い決着を望んだ分、攻め急いでミスが出てしまった。それでも「(左膝は)関係ないし、負けは負け」と言い訳をせず、「自分の中で、できることはした」と敗戦を受け入れた。

画像: 優勝を争ったふたりの1年生。田中(右)と千頭

優勝を争ったふたりの1年生。田中(右)と千頭


写真◎毛受亮介

テニスマガジン/編集部◎牧野 正

※トップ写真は、決勝を戦い終えて握手を交わす田中(右)と千頭


This article is a sponsored article by
''.