ITF(国際テニス連盟)ジュニア最高グレードの「オレンジ・ボウル国際テニス選手権」(アメリカ・フロリダ州プランテーション/12月4~10日/ITF Grade A/クレーコート)が開催され、女子シングルス決勝は全仏ジュニア優勝者で第1シードのホイットニー・オシグウェ(アメリカ)がノーシードから勝ち上がってきたマルガリータ・ビロキン(ウクライナ)を6-1 6-2で下して優勝を果たした。

 今大会のオシグウェは、1回戦でセルマ ステファニア・カダル(ルーマニア)を6-0 6-2で、2回戦でUSオープン・ジュニア準優勝のコリ・ガウフ(アメリカ)を6-2 3-6 6-1で、3回戦で第16シードのヤスミン・マンスーリ(フランス)を6-0 6-2で、準々決勝でバネッサ・オン(アメリカ)を5-7 6-4 6-2で、準決勝では第9シードのジョアンナ・ガーランド(台湾)を7-6(5) 6-2で破って決勝進出を決めていた。

 日本勢は、女子ダブルスで第2シードのガーランド/佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)と第4シードのマンスーリ/内藤祐希(TEAM YONEZAWA)が決勝に進出。佐藤組が内藤組を6-4 6-3で倒してタイトルを獲得した。

 佐藤は第5シードで出場したシングルスでは準々決勝まで勝ち進み、7人が出場した日本人選手の中で最高成績を挙げた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

日本人選手および上位の試合結果|女子

女子シングルス決勝

○1ホイットニー・オシグウェ(アメリカ)[1] 6-1 6-2 ●47マルガリータ・ビロキン(ウクライナ)

女子シングルス準決勝

○1ホイットニー・オシグウェ(アメリカ)[1] 7-6(5) 6-2 ●25ジョアンナ・ガーランド(台湾)[9]

○47マルガリータ・ビロキン(ウクライナ)6-1 6-1 ●61クロエ・ベック(アメリカ)[WC]

女子シングルス準々決勝

○1ホイットニー・オシグウェ(アメリカ)[1] 5-7 6-4 6-2 ●10バネッサ・オン(アメリカ)

○25ジョアンナ・ガーランド(台湾)[9] 6-0 3-6 6-2 ●18アビゲイル・フォーブス(アメリカ)[WC]

○47マルガリータ・ビロキン(ウクライナ)3-6 7-5 6-4 ●33佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[5]

○61クロエ・ベック(アメリカ)[WC] 6-4 7-5 ●49ニカ・ラディシッチ(スロベニア)[6]

女子シングルス3回戦

○33佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[5] 3-6 6-1 6-0 ●39オーナ・オルパナ(フィンランド)

●53佐藤久真莉(CSJ)3-6 2-6 ○49ニカ・ラディシッチ(スロベニア)[6]

女子シングルス2回戦

○33佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[5] 6-4 6-0 ●35ニコール・モスマー(アメリカ)

○53佐藤久真莉(CSJ)6-2 2-6 6-3 ●55アンドレア・プリサカリウ(ルーマニア)

●6内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)6-7(7) 4-6 ○8ヤスミン・マンスーリ(フランス)[16]

女子シングルス1回戦

●17内藤祐希(TEAM YONEZAWA)[4] 1-6 6-1 5-7 ○18アビゲイル・フォーブス(アメリカ)[WC]

○33佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[5] 6-3 6-0 ●34マーリー・ゼイン(アメリカ)

○53佐藤久真莉(CSJ)6-1 6-2 ●54エリー・クリステンセン(アメリカ)[LL]

●12川村茉那(CSJ)1-6 4-6 ○11Malkia NGOUNOUE(アメリカ)[Q]

●62永田杏里(チェリーテニスクラブ)2-6 2-6 ○61クロエ・ベック(アメリカ)[WC]

○6内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)7-6(4) 6-2 ●5サンヤックタ・ガワンデ(アメリカ)[Q]

●29光崎楓奈(h2エリートテニスアカデミー)[Q] 1-6 6-3 3-6 ○30Sabina DADACIU(アメリカ)

女子ダブルス決勝

○32ジョアンナ・ガーランド/佐藤南帆(台湾/有明ジュニアテニスアカデミー)[2] 6-4 6-3 ●9ヤスミン・マンスーリ/内藤祐希(フランス/TEAM YONEZAWA)[4]

女子ダブルス準決勝

○9ヤスミン・マンスーリ/内藤祐希(フランス/TEAM YONEZAWA)[4] 6-4 0-6 [10-6] ●1キャティ・マクナリー/ホイットニー・オシグウェ(アメリカ)[1]

○32ジョアンナ・ガーランド/佐藤南帆(台湾/有明ジュニアテニスアカデミー)[2] 6-4 1-6 [11-9] ●23セルマ ステファニア・カダル/佐藤久真莉(ルーマニア/CSJ)

女子ダブルス準々決勝

○32ジョアンナ・ガーランド/佐藤南帆(台湾/有明ジュニアテニスアカデミー)[2] 6-4 6-1 ●25ハイレイ・バプティスト/エリー・ダグラス(アメリカ)[5]

○9ヤスミン・マンスーリ/内藤祐希(フランス/TEAM YONEZAWA)[4] 6-4 6-4 ●14Anastasia IAMACHKINE/サダ・ナヒマナ(ペルー/ブルンジ)

○23セルマ ステファニア・カダル/佐藤久真莉(ルーマニア/CSJ)7-6(5) 6-4 ●17ニカ・ラディシッチ/ステファニア・ロゴジンスカ ヂク(スロベニア/ポーランド)[8]

女子ダブルス2回戦

○32ジョアンナ・ガーランド/佐藤南帆(台湾/有明ジュニアテニスアカデミー)[2] 6-1 6-1 ●30Sabina DADACIU/カーチャ・タウンゼント(アメリカ)

○9ヤスミン・マンスーリ/内藤祐希(フランス/TEAM YONEZAWA)[4] 6-1 6-0 ●12ティファニー・ラガルド/キアナ・モトソノ(カナダ/アメリカ)

○23セルマ ステファニア・カダル/佐藤久真莉(ルーマニア/CSJ)4-6 6-0 [10-4] ●21デニサ・ヒンドバ/オーナ・オルパナ(チェコ/フィンランド)

女子ダブルス1回戦

○32ジョアンナ・ガーランド/佐藤南帆(台湾/有明ジュニアテニスアカデミー)[2] 6-1 6-2 ●31アンジェリカ・ブレイク/ニッキ・レデリク(アメリカ)

○9ヤスミン・マンスーリ/内藤祐希(フランス/TEAM YONEZAWA)[4] 6-4 6-3 ●10アレクサ・ノエル/ガブリエラ・プライス(アメリカ)

○23セルマ ステファニア・カダル/佐藤久真莉(ルーマニア/CSJ)6-4 4-6 [11-9] ●24エリシア・ボルトン/ニコール・モスマー(アメリカ)[3]

●2川村茉那/タサポーン・ナクロ(CSJ/タイ)2-6 1-6 ○1キャティ・マクナリー/ホイットニー・オシグウェ(アメリカ)[1]

●15永田杏里/内島萌夏(チェリーテニスクラブ/昭和の森ジュニアテニススクール)0-6 4-6 ○16ハリケーン タイラ・ブラック/コリ・ガウフ(アメリカ)[6]

●6チェン・ヤオ/光崎楓奈(中国/h2エリートテニスアカデミー)2-6 3-6 ○5マッカートニー・ケスラー/マーリー・ゼイン(アメリカ)

※写真はUSオープン・ジュニアでの佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)(撮影◎毛受亮介/テニスマガジン)

This article is a sponsored article by
''.