今年最後の国内ジュニア全国大会「JOCジュニアオリンピックカップ 第38回 全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会」(12月14~17日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)が開幕し、1次リーグ(ラウンドロビン)からスタート。男女各16名が4人ずつ4組に分かれ、一日目は全員が2試合を戦った。

 この出場資格者は、同年のインターハイ、全国高校選抜個人戦、全日本ジュニア(U18、U16)の優勝者と準優勝者、および全国9地域のテニス協会が選出する選手と規定されている。欠場者が出て16名に満たない場合は、不足人数分の選手を日本テニス協会(JTA)が推薦する。ラウンドロビンと順位別トーナメントで全員等しく5試合を戦い、最終的には1位から16位まできっちりと順位がつけられるフォーマットだ。

 初日の今日、男子は全員が2勝0敗か0勝2敗で初日を終えている。しかも1試合を除いてすべてストレートセットで決着。つまり、各組とも上位2人と下位2人の差が明白に表れたわけだ。AからDまでの各グループには、前出の3大会における成績をもとに選出されたシード4人が一人ずつ振り分けられているが、どのグループにも彼ら以外に同じく2勝を挙げている〝隠れシード〟がいるともいえる。明日行われるラウンドロビン最後の戦いがどこも白熱しそうだ。

 男子はセンバツ準優勝者でインターハイ・ベスト4の白石光(AJTA)が第1シード。今日は1試合の失ゲームがいずれも4つという危なげない2勝だったが、同じAグループでは関東選出の川上倫平(荏原SSC)も2試合合わせての失ゲームが4という圧勝を見せた。

「今年は前よりもっと攻めていくプレーに変えて、かなりしっくりしてきた。この大会でもそれを徹底して、上を狙っていきたい」と川上。白石とは今季対戦成績で分が悪いが、好調同士、楽しみな一戦だ。

 また、全日本ジュニアU16準優勝で第4シードの藤原智也(東山高)がいるDグループは、中学3年生ながら高校生相手に一方的な展開で2勝をあげた三井駿介(アクトスポーツクラブ)が注目される。今年の全中のチャンピオンで、これまで全小や全日本ジュニアU12、中牟田杯など数々の全国タイトルを手にしている15歳。先月はフィリピンに遠征し、〈グレード4〉での初優勝も果たした。

「最近、身長も伸びてサーブがよくなってきた。どのグループに入っても厳しいと思っていたので、今日は満足できる結果です」

 上向きの調子の中、第4シードの藤原に挑む。

画像: 男子D組でラウンドロビン2勝を挙げた三井駿介(アクトスポーツクラブ)(撮影◎佐藤真一/テニスマガジン)

男子D組でラウンドロビン2勝を挙げた三井駿介(アクトスポーツクラブ)(撮影◎佐藤真一/テニスマガジン)

 女子のほうでも中学生が頑張っている。全日本ジュニアU16で準優勝した今村咲(パブリックテニス小倉)が中学3年ながら2試合の接戦をものにした。167cmの長身と力のある両手打ちを武器に、思いきりのいいプレーを展開する。

「うまい年上の人とたくさん試合ができて、いい経験になっています。明日もしっかり自分のテニスができるように心がけたい」と今村。ラウンドロビン最後の一戦で、センバツ準優勝者で第2シードの宮原三奈(柳川高)とのダブルハンド対決に臨む。

 ところで、中学生どころかかつて小学6年生でこの大会に出場したのが坂詰姫野(山梨学院高)だ。今回が3度目の出場となる。昨年は6位で、今年こそ決勝トーナメントに進みたいが、明日の光崎楓奈(h2ETA)との試合が山場。光崎は全日本ジュニアU16のチャンピオンで、坂詰は準決勝でその光崎に敗れている。

「最近は試合中に状況をよく見て対処できるようになった」という坂詰は、「(光崎に)リベンジしたい」と燃えているが、光崎も負けられない。九州選出の坂本陽菜(宮崎日大高)にストレート負けを喫したため、坂詰に勝たない限り1位トーナメント進出のチャンスはない。

 男女とも、明日はラウンドロビン終了後、順位別トーナメントの初戦が行われる。

(ライター◎山口奈緒美)

This article is a sponsored article by
''.