今年最後の国内ジュニア全国大会「JOCジュニアオリンピックカップ 第38回 全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会」(12月14~17日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)の競技2日目は、ラウンドロビンの残りと順位別トーナメントの初戦が行われた。

 その結果、1位トーナメントに駒を勧めたのは、インターハイとセンバツでともにベスト4入りした阿部宏美(愛知啓成高)と、インターハイ準優勝の輿石亜佑美(浦和麗明高)。準決勝では、輿石がセンバツ準優勝の宮原三奈(柳川高)を6-3 6-4で下し、阿部は全日本ジュニアU16ベスト4の坂詰姫野(山梨学院高)に6-3 3-6 6-4で競り勝った。

 17歳の阿部は、今大会の第1シード。シード順位の基準となる今年の主要大会でのポイントをもっとも多く持っているからだが、阿部にとってそれは居心地のいいものではないようだ。

「ベスト4が2つあるから、足してトップになっただけです。1つでも決勝にいった人のほうが力は上なのに」

 シード順位がプレッシャーになった上、速めのハードコートもあまり好きではないという。しかし、第1シードらしく安定したプレーで決勝まで進んできた。

 坂詰との準決勝では、第1セットを6-3で先取したあと、第2セットは中盤以降のブレーク合戦に敗れて失った。最終セットも先にブレークを許すが、常に冷静さを失わず丁寧にコントロールされたショットで逆転し、ブレークゲームで試合を締めくくった。

 全国大会では初めての決勝へ。その相手、輿石はインターハイの準決勝で完敗した相手。今年は一般のITFサーキットの予選に積極的にチャレンジするなど、次のステージへ軸足を移している17歳だ。

 その輿石と宮原の準決勝は、インターハイとセンバツの準優勝者対決……阿部が言う「もっと強い人たち」同士の一戦だった。両手打ちでキレのあるショットを繰り出す宮原だが、輿石が両セットとも終盤に強さを発揮。第1セットは第8ゲームをブレークし、第2セットでは第9ゲームをブレークし、最後は得意なバックハンドでダウンザラインへ力強いウィナーを決めた。

 輿石はこの大会を最後にジュニア大会は卒業するつもりだという。10月に浜松の2.5万ドルでは予選を突破するなど、ある程度の手応えをつかみ、来年からは完全に一般大会へシフトする計画だ。

「一般の大会はチャレンジャーとして思いきりプレーできるけど、こういうジュニアの大会に出るとプレッシャーがある。でも絶対に優勝して終わりたい」と力をこめた。

 最終日の明日は、順位別トーナメントすべての決勝と3位決定戦がそれぞれ行われる。

(ライター◎山口奈緒美)

※写真は決勝進出を果たした輿石亜佑美(浦和麗明高)
撮影◎佐藤真一/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.