今年最後の国内ジュニア全国大会「JOCジュニアオリンピックカップ 第38回 全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会」(12月14~17日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)の競技2日目は、ラウンドロビンの残りと順位別トーナメントの初戦が行われた。

 ラウンドロビンの4組中3組でシード勢が敗れる中、第4シードの藤原智也(東山高)が1位トーナメントへ。準決勝では、インターハイ準優勝の田口涼太郎(大分舞鶴高)をしのいでB組トップとなった高羽蓮(名古屋高)を5-7 7-6(5) 6-1で破った。もう一方の準決勝は市川泰誠(西宮甲英高)が川上倫平(荏原SSC)に4-6 6-1 6-3で逆転勝ち。今大会3度目の出場で初の決勝進出を決めた。

 5日後に17歳の誕生日を迎える市川は、今季の国内主要大会の成績こそ全日本ジュニアU18のベスト8にとどまっているが、昨年は全日本ジュニアU16とセンバツで決勝に進出した。その前の年は全中でも決勝に勝ち進んでいる。すべて準優勝だったとはいえ、今大会の有力な優勝候補に挙げられる。今大会ならではのシステム上、4シードの枠には入らなかったが、実力通りラウンドロビンを1位で通過。全日本ジュニアU16優勝で第3シードの山中太陽(西宮TC)にも6-3 6-1と快勝した。

 準決勝は川上との左利き対決。対戦したのは昨年の全日本ジュニア準決勝以来で、そのときは市川が7-6(4) 7-5という接戦で勝っている。当時、市川は「自分にはこれといった武器がない」と嘆いていたが、今ではフォアハンドが武器といえるくらいの自信がついてきたという。今日は川上のしぶといストロークに苦しめられたが、第1セットを落としたあと、第2セットで2度のブレークに成功。最終セットは第3、第4ゲームをブレークし合ったが、2-3から一気に4ゲームを連取した。

 ビーンズドームは週2回練習に訪れるホームコートのひとつだ。コートの特徴も完全につかんでいて、雰囲気にも慣れている。

「決勝になるとだいたいチキって、これまで準優勝ばっかり。今度は勝たないと」と市川。慣れたホームコートだけに、緊張感は多少和らぐだろう。

 決勝で戦うひとつ年下の藤原は、市川のことを「僕にとっては雲の上のような人」と言い、今大会の目標も「最下位じゃなければいいな」という控えめすぎるものだった。しかし、ラウンドロビンで3試合すべてに圧勝。準決勝は高羽のサービスとディフェンスをなかなか崩せずに苦しんだが、第1セットを失ったあと第2セットのタイブレークをものにして流れを変えた。

 第2セット、2度先にブレークしながら2度ともすぐブレークバックされる歯痒い展開の中、多少リスキーなショットで攻撃を仕掛けることができたのは、「もう負けるのを覚悟していたから」と振り返る。最終セットは開始から5ゲームを一気に連取し、勝負を決めた。

 決勝は関西対決。本命か、チャレンジャーか。

(ライター◎山口奈緒美)

※写真は決勝進出を果たした市川泰誠(西宮甲英高)
撮影◎佐藤真一/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.