「JOCジュニアオリンピックカップ 第38回 全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会」(12月14~17日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)は最終日を迎え、各順位の決勝トーナメントの決勝と3位決定戦が行われた。

 男子決勝は藤原智也(東山高)が市川泰誠(西宮甲英高)を6-4 3-6 6-3で、女子決勝は輿石亜佑美(浦和麗明高)が阿部宏美(愛知啓成高)を7-5 7-6(5)で破り、それぞれ優勝を果たした。

 この大会は、全国高校選抜個人戦、全日本ジュニアのU18とU16、インターハイのシングルス優勝・準優勝者を中心に高体連及びJTAから推薦された選手、全国9地域のテニス協会から選出された選手など、合わせて男女各16人で争われる今年最後の全国大会。1組4人のラウンドロビンで組内の順位を決めたあとに順位別のトーナメントが行われた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、Ret.は途中棄権

決勝トーナメント

男子|決勝トーナメント

決勝 ○1藤原智也(東山高)6-4 3-6 6-3 ●4市川泰誠(西宮甲英高)

3位決定戦 ○3川上倫平(荏原SSC)6-2 6-4 ●2高羽蓮(名古屋高)

男子|2位トーナメント

決勝 ○2三井駿介(アクトスポーツクラブ)6-3 6-3 ●3山中太陽(西宮TC)

3位決定戦 ○4田口涼太郎(大分舞鶴高)1-0 Ret. ●1白石光(AJTA)

男子|3位トーナメント

決勝 ○4東竜平(相生学院高)6-1 6-3 ●2石井涼太(INABA T.S.)

3位決定戦 ○3高島嶺(スウィング89)6-1 7-5 ●1藤川悠(高松北高)

男子|4位トーナメント

決勝 ○2秋吉大地(広島なぎさ高)6-4 6-1 ●4森田凌矢(鳳凰高)

3位決定戦 ○3内田涼太郎(敦賀気比高)4-6 6-1 7-6(3) ●1似里達哉(岩手高)

女子|決勝トーナメント

決勝 ○3輿石亜佑美(浦和麗明高)7-5 7-6(5) ●1阿部宏美(愛知啓成高)

3位決定戦 ○2坂詰姫野(山梨学院高)6-2 3-6 6-2 ●4宮原三奈(柳川高)

女子|2位トーナメント

決勝 ○2中島美夢(相生学院高)6-2 6-2 ●3坂本陽菜(宮崎日大高)

3位決定戦 ○1今村咲(パブリックテニス小倉)2-2 Ret. ●4清水柚華(京都外大西高)

女子|3位トーナメント

決勝 ○1光崎楓奈(h2ETA)6-4 6-0 ●4倉橋奈摘(野田学園高)

3位決定戦 ○2沖田優羽(SFC)6-4 7-6(6) ●3谷井涼香(富山国際大附属高)

女子|4位トーナメント

決勝 ○4長谷川愛依(岐阜インターナショナル)6-3 6-4 ●2竹本萌乃(高松北高)

3位決定戦 ○3佐藤夏央(山形東高)不戦勝 ●1小林ほの香(荏原SSC)

※写真は優勝を果たした藤原智也(東山高/右)と輿石亜佑美(浦和麗明高/左)
撮影◎江見洋子/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.