今年最後の国内ジュニア全国大会「JOCジュニアオリンピックカップ 第38回 全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会」(12月14~17日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)は最終日を迎え、各順位の決勝トーナメントの決勝と3位決定戦が行われた。

 その結果、1位トーナメントを制して今年最後のジュニアタイトルをつかんだのは、高校1年で16歳の藤原智也(東山高)。決勝では一学年上の市川泰誠(西宮甲英高)を6-4 3-6 6-3で破った。なお、3位決定戦では川上倫平(荏原SSC)が高羽蓮(名古屋高)を6-2 6-4で退けた。

 今年の全日本ジュニアU16の準優勝者でもある藤原と、同じカテゴリーで昨年準優勝した市川。どちらにとってもつかみ獲りたい、初の〝全日本〟タイトルだった。

 しかし、立場の違いはあっただろう。年上の市川は過去に全中やセンバツでも決勝で敗れた経験から「今度こそは準優勝を抜け出したい」と決意も固く、藤原のほうは「ここまでこられただけでも目標以上。あとは思いきりやるだけ」と、比較的楽な心持ちで臨んでいた。

 今年は海外のITF大会でも優勝するなど経験に勝る市川のほうが優勢だったはずだが、藤原はチャレンジャーの立場を生かして得意のラリー戦で伸び伸びとしたプレーを展開。低い軌道のショットでスピーディーに市川を揺さぶり、第1セットを6-4で奪った。

 しかし、サーブ&ボレーなどネットプレーも積極的に織り交ぜるアグレッシブな戦法で第2セットを奪い返した市川が、最終セットも第3ゲームをラブゲームでブレーク。続くサービスゲームもラブゲームでキープし、逆転勝利へと完全に流れをつかんだかに思われたのだが…。

「ちょっと油断してしまったかもしれない。あの辺からミスが増えた」と市川。第5ゲームでも2度のブレークポイントがあったが、これらをしのいでキープした藤原が、それを機に生き返った。

「集中力は切れかかっていたんですけど、何とかキープすることができて、まだ挽回できるかもしれない、次頑張ろうって思えた」という藤原がすぐ次の第6ゲームでブレークバック。さらに第8ゲームもブレークして5-3とし、一気にサービング・フォー・ザ・マッチを迎える。40-15でマッチポイントから市川がひとつしのいで40-30。最後は藤原が、体勢を崩しながらも必死にボールを返す市川を振り切るように、フォアハンドのクロスコートへウィニングショットを放った。

 今年は夏に悔しい経験が続いた。インターハイの団体初戦ではチームの勝敗がかかった試合で黒星。期待に応えられなかった落胆を引きずるように、全日本ジュニアの決勝では同じ関西のライバルでもある山中太陽(西宮TC)に屈した。しかし、その準優勝で手に入れたのが今大会の出場チケットだ。それを、2018年へと膨らむ自信につなげてみせた。

(ライター◎山口奈緒美)

※写真は初の全国優勝を果たした藤原智也(東山高)
撮影◎江見洋子/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.