「平成29年 全国私立中学校テニス選手権(第4回)」(兵庫県神戸市・神戸総合運動公園/12月26日~28日/砂入り人工芝)の2日目は女子団体準決勝、決勝が行われ、Aシードの城南学園(近畿/大坂)がAシードの桐光学園(南関東/神奈川)を3-0で下して4連覇を達成した。

画像: 1年生対決に敗れた桐光学園の五十嵐/石倉ペア。チームメートの声援を受け、最後まで諦めずに戦った

1年生対決に敗れた桐光学園の五十嵐/石倉ペア。チームメートの声援を受け、最後まで諦めずに戦った

 選手の組み合わせを変えても危なげなく勝ち上がってきた選手層の厚い城南に対し、桐光学園はすべての試合を同じ組み合わせで戦い、決勝に進んだ。

 D1は1年生ペア同士の対決となったが、夏の全中にも出場している城南の田邑/末廣ペアが6-2で勝利。田邑が強烈なパッシングショットを決め、末廣はライジングショットなど巧みなラケットコントロールでウィナーを決めた。

画像: 「仲がいいところがチームの強み」と語る城南学園のキャプテン山口

「仲がいいところがチームの強み」と語る城南学園のキャプテン山口

画像: 鋭いショットで相手を苦しめた桐光学園の細田

鋭いショットで相手を苦しめた桐光学園の細田

 シングルスは序盤こそ細田が粘り強く食らいつくが、徐々に山口が引き離し、こちらも6-2で勝利。「ほかの選手が勝ってくれたので、安心感があった」と山口は序盤にゲーム差を詰められても焦らずに戦い、勝利を引き寄せた。

画像: 優勝決定後もD2は打ち切られずに最後まで行われ、武本/入江ペアが6-0で制した

優勝決定後もD2は打ち切られずに最後まで行われ、武本/入江ペアが6-0で制した

画像: 敗戦に悔し涙を見せた桐光学園の小野澤/國重ペア

敗戦に悔し涙を見せた桐光学園の小野澤/國重ペア

 4連覇に城南の1年生、末廣は「うれしい」と言いつつも「来年も優勝できるように頑張ります!」と力強く語った。キャプテンの山口は「今年の“全中”で準優勝と悔しい思いをしたので、来年は優勝がチームの目標」と話した。「仲のよさ」がチームの強みというが、優勝に満足することなく常に勝利を求め続ける姿勢も、受け継がれてきた強さの源だろう。

テニスマガジン/編集部◎池田 晋

女子団体決勝

1城南学園(近畿/大阪)[A] 2-0 20桐光学園(南関東/神奈川)[A]

D1 ○田邑 来未①/末廣 茜① 6-2 ●五十嵐美春①/石倉綸々日①
S ○山口花音② 6-2 ●細田佑海②
D2 ○武本萌依②/入江夏生① 6-0 ●小野澤美優①/國重 育未②

※トップ写真はD1を制した城南学園の田邑/末廣ペア

This article is a sponsored article by
''.