ヨネックスは、北京、ロンドン、リオデジャネイロ五輪や国際大会での実績が評価され、日本企業として唯一、テニス最高峰のグランドスラム大会の一つ「オーストラリアン・オープン」(2018年1月15~28日/オーストラリア・メルボルン)の公式パートナーに3年連続で選ばれた。

 2018年大会は、トップストリンガーで組織された「ヨネックス・ストリンギングチーム」に新たなメンバーを加え、国際色豊かな17ヵ国25名が予選前から決勝までの約1ヵ月間、合計5000本以上のストリングを張り上げる予定。日本製の高性能ストリンギングマシン「PT8Deluxe」を使用し、高い作業効率とストリンギング精度で選手たちのプレーをサポートする。

 会場内では特設展示エリアも設け、ストリングおよびストリンギングに関する最新情報を世界から集うテニスファンに向けて発信する予定だ。

ヨネックスストリンギングチーム概要

 ヨネックスストリンギングチームは、ERSA(ヨーロッパ・ラケット・ストリンガーズ協会)、USRSA(アメリカ・ラケット・ストリンガーズ協会)、JRSA(日本ラケット・ストリンガーズ協会)の何れかの検定資格を有する世界各地のトップストリンガーで構成されている。豊富な知識と確かな技術を持つストリンガーのグローバルネットワークとして、プレーヤーのパフォーマンス向上や、一般プレーヤーに対するサービス向上を図ることを目的に組織されている。

※写真はヨネックスストリンギングチーム

This article is a sponsored article by
''.