オーストラリア・ブリスベンで開催されている「ブリスベン国際」(ATP250/12月31日~1月7日/賞金総額52万8910ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、アレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)が第7シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-4 7-6(3)で下した。

 一方、2017年7月以来となる公式戦出場に向けて準備に余念のない元世界1位、アンディ・マレー(イギリス)は、ブリスベンでの練習で腰の故障からの復帰の過程を続けている。火曜日か水曜日になるはずの彼の復帰戦は、ライアン・ハリソン(アメリカ)対レオナルド・メイヤー(アルゼンチン)の試合の勝者に対するものとなる。

「僕はただ、ふたたびプレーを楽しみたい。プレーできなくて本当に寂しかった」と、日曜日にマレーは言った。

「僕はテニスをプレーしたい。たとえ世界レベルで30位だろうとなんだろうと、そんなことは構わない――もちろん、ナンバーワンならもっといいけど――僕はただ、プレーしたくてたまらない」

 マレーはまた、こうも言い添えた。

「奪い去られたときに、それがいかに重要かに気づくものなんだ」(C)AP(テニスマガジン)

※トップ写真はアンディ・マレー(イギリス)
BRISBANE, AUSTRALIA - DECEMBER 31: Andy Murray of Great Britain plays a backhand in a warm-up session during day one at the 2018 Brisbane International at Pat Rafter Arena on December 31, 2017 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.