中国・深圳で開催されている「深圳オープン」(WTAインターナショナル/12月31日~1月6日/賞金総額75万ドル/ハードコート)で、マリア・シャラポワ(ロシア)と、第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が、それぞれの2018年をストレートの勝利をもって開始した。

 シャラポワは、ミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)をパワフルなフォアハンドのウィナーで6-3 6-0で簡単に片付け、ハレプはニコール・ギブズ(アメリカ)に対する6-4 6-1の勝利で、深圳2度目の優勝への挑戦をスタートさせた。

「これは世界1位としての、私の今年最初の勝利。だから、ただただうれしいし、この瞬間を楽しんでいるわ」と、2015年チャンピオンのハレプはコメントした。ハレプは次のラウンドでドゥアン・インイン(中国)と対戦する。

 シャラポワは試合序盤で自分のサービスゲームを落としたが、素早く立ち直ると圧倒的なプレーで試合を支配した。

「勝利をもって年を始めるというのは、常にいいものよ。序盤のいくつかのブレークを例外に、全体的に見て私はレベルの高いプレーを見せ、試合をいい形で締めくくれたと思ったわ」とシャラポワは言った。

 グランドスラム大会優勝歴5回のシャラポワは、次のラウンドで2017年大会準優勝者のアリソン・リスク(アメリカ)と対戦する。リスクは日曜日に行われた1回戦で、第5シードのワン・チャン(中国)を破っていた。

「彼女は昨日、観客の寵児を破った。だから厳しい試合になるだろうことはわかっているわ」とシャラポワは言った。「でも私はただ、よりよいプレーを続けたい。ネットの向こうにいるのが誰であろうと、調子を向上させ続けたいと思っている」。

 また、第8シードのティメア・バボス(ハンガリー)はワン・シンユー(中国)を6-1 6-1で下して初戦を勝ち上がった。(C)AP(テニスマガジン)

※トップ写真は試合後、サインを求めるファンに応じるマリア・シャラポワ(ロシア)
SHENZHEN, CHINA - JANUARY 01: Maria Sharapova of Russia sign autograph for fans after winning the match against Mihaela Buzarnescu of Romania during Day 2 of 2018 WTA Shenzhen Open at Longgang International Tennis Center on January 1, 2018 in Shenzhen, China. (Photo by Zhong Zhi/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.