「ASBクラシック」(WTAインターナショナル/ニュージーランド・オークランド/1月1~6日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、奈良くるみ(安藤証券)はヨハンナ・ラーション(スウェーデン)に6-7(5) 3-6で敗れた。試合時間は1時間34分。

 今大会に2年連続4度の本戦出場となった奈良は、2013年のベスト8がこれまでの最高成績。昨年は2回戦で、大会優勝者のローレン・デービス(アメリカ)に3-6 3-6で敗れていた。

 この結果でラーションは、奈良との対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は2015年1月にホバート(WTAインターナショナル/ハードコート)の2回戦で初対戦しており、奈良が7-6(1) 6-4で勝っていた。

 ラーションは2回戦で、第3シードのバーボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦する。ストリコバは1回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のサラ・エラーニ(イタリア)を6-4 6-7(3) 6-4で下しての勝ち上がり。

※写真は昨年のUSオープンでの奈良くるみ(安藤証券)
撮影◎毛受亮介/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.