カタール・ドーハで開催されている「カタール・エクソンモービル・オープン」(ATP250/1月1日~6日/賞金総額138万6665ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)がエフゲニー・ドンスコイ(ロシア)に対する7-6(3) 6-3の勝利をもって新年をスタートさせた。

 ティームは第1セットで2度、セットポイントをしのいでいた。

「トップシードであるというのはいいものだね」と、世界ランク5位のティームは言った。「シーズンは非常に長いものになる。ここで、いいスタートを切ることができるよう祈っているよ」。

 一方、第7シードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)は最後の10ゲームを連取して、デュディ・セラ(イスラエル)を4-6 6-4 6-0で倒した。

 過去2年に2連覇していたディフェンディング・チャンピオンのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、いまだ右肘に痛みがあるとして、土曜日に欠場を決めていた。このカタール・オープンは、彼にとって唯一のオーストラリアン・オープン前のウォームアップ大会となるはずのものだった。(C)AP(テニスマガジン)

※トップ写真はドミニク・ティーム(オーストリア)、2017年12月末に撮影
ABU DHABI, UNITED ARAB EMIRATES - DECEMBER 30: Dominic Thiem of Austria plays a forehand during his match against Pablo Carreno Busta of Spain on day three of the Mubadala World Tennis Championship at International Tennis Centre Zayed Sports City on December 30, 2017 in Abu Dhabi, United Arab Emirates. (Photo by Tom Dulat/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.