カタール・ドーハで開催されている「カタール・エクソンモービル・オープン」(ATP250/1月1~6日/賞金総額138万6665ドル/ハードコート)で、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が準々決勝に進出した唯一のシード選手となった。ティームは風の強かった水曜日にアルヤズ・べデネ(スロベニア)を7-5 6-4で倒した。

 ティームはこの試合を通し9本のサービスエースを決め、手にした15のブレークチャンスのうち3つをものにして勝利をつかんだ。

「ストレートセットで勝つことができてよかったよ。ここまでの2試合の双方が厳しいものだったが、僕はその双方にストレートで勝った。これは、新年に向けての完璧なスタートだと思う」とティームは言った。

「大いに戦わねばならず、ちょっと苦しまなければならないなら、こんなふうに切り抜けられたのはすごくいいことだと思うよ」

 ティームは準々決勝で、予選勝者で19歳のステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。世界ランク91位のチチパスは、6-3 6-4の勝利をもって、2度目の大会優勝を狙っていた第5シードのリシャール・ガスケ(フランス)の望みを絶ち切った。

 ほとんど完璧なテニスをしたシシパスは、一度もガスケにブレークポイントを与えず、第1セットの第6ゲームと、第2セットの第7ゲームでガスケのサービスを破った。

 ドーハで3度決勝に進んだ経験を持つノーシードのガエル・モンフィス(フランス)は、ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を6-3 1-6 6-3で倒した。

 モンフィスにとってこれは右膝の故障のため、ダビド・ゴファン(ベルギー)に対するUSオープン3回戦で棄権して以来、初となる大会出場だ。

「ツアーに戻ってくることができてうれしい」とモンフィスは言った。「ここまでの2試合をうれしく思っている。とはいえ、もっといいプレーはできるよ」。

 第7シードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)は、39位のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に4-6 6-3 4-6で敗れた。

 第3セット5-4から自分のサービスを迎えたルブレフは、2つのブレークポイントをしのいで準々決勝進出を決めた。ルブレフはそこでボルナ・チョリッチ(クロアチア)と対戦する。

「今日、僕は非常にタフな試合に勝った」とルブレフは言った。「第3セットで、僕はかなり集中していたと思う。感情を露わにすることなく、かなり落ち着きを保っていた。僕がよりよいプレーを始めたのはそこからだった」。

 第8シードのフェリシアーノ・ロペス(スペイン)は、予選勝者のミルザ・バシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)に4-6 6-7(2)で敗れた。ふたりが対戦したのは、これが初めてだった。

 バシッチは準々決勝でノーシードのギド・ペラ(アルゼンチン)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はドミニク・ティーム(2017年12月に撮影)
Photo: ABU DHABI, UNITED ARAB EMIRATES - DECEMBER 29: Dominic Thiem of Austria serves during his semi-final match against Kevin Anderson of South Africa on day two of the Mubadala World Tennis Championship at International Tennis Centre Zayed Sports City on December 29, 2017 in Abu Dhabi, United Arab Emirates. (Photo by Tom Dulat/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.