「深圳オープン」(WTAインターナショナル/中国・深圳/12月31日~1月6日/賞金総額75万ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が前年度覇者で第6シードのカテリーナ・シニアコバ(チェコ)を6-1 2-6 6-0で倒して優勝を飾った。試合時間は1時間12分。

 この結果でハレプは、シニアコバとの対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。初対戦だった昨年の大会の2回戦では、シニアコバが6-3 4-6 7-5で勝っていた。

 今大会でのハレプは、1回戦でニコール・ギブズ(アメリカ)を6-4 6-1で、2回戦でドゥアン・インイン(中国)を3-6 6-1 6-2で、準々決勝でアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)を6-2 6-2で、準決勝では第4シードのイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)を6-1 6-4で下して決勝進出を決めていた。

 両者はこのあと行われたダブルス決勝でも対戦。同胞のベグとのペアで出場したハレプが第1シードのバーボラ・クレチコバ(チェコ)/シニアコバを1-6 6-1 [10-8]で退け、単複2冠を達成した。

※写真は単複2冠を達成したシモナ・ハレプ(ルーマニア)
SHENZHEN, CHINA - JANUARY 06: Simona Halep of Romania poses for photo with her Single's and Double's Champion trophies during Day 7 of 2018 WTA Shenzhen Open at Longgang International Tennis Center on January 6, 2018 in Shenzhen, China. (Photo by Zhong Zhi/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.