オーストラリア・シドニーで開催されている「シドニー国際」(WTAプレミア/1月7~13日/賞金総額79万9000ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、元世界1位同士が顔を合わせた。

 第2シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)とアンジェリック・ケルバー(ドイツ)の対戦は、雷雨により開始が2時間遅れたが、5-7 6-3 6-1でケルバーに軍配が上がった。ケルバーは今シーズンに入ってプレーしたシングルスの6試合に全勝している。

 2017年シーズンの始まりは1位だったランキングを、22位まで落とす不信に陥ったケルバーだが、2018年シーズンは素晴らしいスタートを切った。

 ビーナスと対戦する前の1回戦では、ルーシー・サファロバ(チェコ)に対して2つのマッチポイントをしのぎ、それ以前には男女混合国別対抗戦の「ホップマンカップ」にアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)とチームを組んで出場し、シングルス4試合で全勝を飾った。

 ビーナスは金メダルを獲得した2000年シドニー・オリンピック以来、シドニーでプレーしたことになる。

「2017年にさよならを言って、新年が始まったことが本当にうれしいわ」とケルバーは言った。

 第2シードのビーナスが敗れたことで、今大会のシードは第1シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)ただ一人となった。ムグルッサは水曜日に登場し、キキ・バーテンズ(オランダ)と初戦(2回戦)を戦う予定だ。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアンジェリック・ケルバー(ドイツ)
Photo: SYDNEY, AUSTRALIA - JANUARY 09: Angelique Kerber of Germany plays a forehand in her 1st round match against Venus Williams of the United States during day three of the 2018 Sydney International at Sydney Olympic Park Tennis Centre on January 9, 2018 in Sydney, Australia. (Photo by Matt King/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.