ニュージーランド・オークランドで開催されている「ASBクラシック」(ATP250/1月8~13日/賞金総額56万1345ドル/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードのジャック・ソック(アメリカ)がペーター・ゴヨブチック(ドイツ)に3-6 3-6で敗れた。シード選手のソックは1回戦がBYE(免除)で、この試合が初戦だった。

 世界ランク65位のゴヨブチックは同8位のソックに対して、ストロークの深さと角度を使って大きく走らせることに成功した。

 第1セット第5ゲームのサービスを落としたゴヨブチックだったが、第6、第8ゲームでソックのサービスゲームをブレークし、32分でセットを獲得した。

 その後、第2セットを力強くプレーしたゴヨブチックは、第7、第9ゲームでふたたびソックのサービスを破り、トップ10プレーヤーに対する2度目の勝利を飾った。

 この日はほかに2人のシード選手が敗れた。第3シードのサム・クエリー(アメリカ)はイリ・ベセリ(チェコ)に4-6 7-6(10) 6-7(5)で、第6シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)はカレン・ハチャノフ(ロシア)に2-6 6-7(4)で敗れた。

 第2シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)はデニス・シャポロフ(カナダ)を6-2 6-4で下し、第5シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)はスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を2-6 6-2 6-1で、第7シードのダビド・フェレール(スペイン)はジョアン・ソウザ(ポルトガル)を6-2 6-2で下して、それぞれ準々決勝に進んでいる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はジャック・ソック(右)とペーター・ゴヨブチック(左)
Photo: AUCKLAND, NEW ZEALAND - JANUARY 10: Peter Gojowczyk (L) of Germany wins his second round match against Jack Sock of USA during day three of the ASB Men's Classic at ASB Tennis Centre on January 10, 2018 in Auckland, New Zealand. (Photo by Fiona Goodall/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.