「ホバート国際」(WTAインターナショナル/オーストラリア・タスマニア州ホバート/1月7~13日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のダブルス準決勝で、第4シードのリューメラ・キッシャノック(ウクライナ)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)がワイルドカード(主催者推薦枠)のアリソン・ベイ/リゼット・カブレラ(ともにオーストラリア)を3-6 6-3 [10-4]で破り、決勝進出を決めた。試合時間は1時間8分。

 二宮とキッシャノックは、前週のブリスベン(WTAプレミア/ハードコート)で初めてペアを組んでダブルスに出場。初戦を勝ち上がり、アンドレア・クレパーチ(スロベニア)/マリア ホセ・マルチネス サンチェス(スペイン)に7-5 5-7 [7-10]で敗れていた。

 今大会でのキッシャノック/二宮は、1回戦でケイトリン・クリスティアン(アメリカ)/プラルタナ・トンバリ(インド)を6-2 7-5で、準々決勝では日比野菜緒(LuLuLun)/ダリヤ・ユラク(クロアチア)を6-1 6-4で下して勝ち上がっていた。

 キッシャノック/二宮は決勝で、第3シードのエリース・メルテンス(ベルギー)/デミ・シヒュース(オランダ)とべロニカ・クデルメトバ(ロシア)/アリナ・サバレンカ(ベラルーシ)の勝者と対戦する。

※写真はリューメラ・キッシャノック(左)/二宮真琴
HOBART, AUSTRALIA - JANUARY 12: Lyudmyla Kichenok of the Ukraine and Makoto Ninomiya of Japan celebrate after winning their semi finals doubles match againsts Alison Bai of Australia and Lizette Cabrera of Australia during the 2018 Hobart International at Domain Tennis Centre on January 12, 2018 in Hobart, Australia. (Photo by Robert Cianflone/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.