オーストラリア・シドニーで開催されている「シドニー国際」(WTAプレミア/1月7~13日/賞金総額79万9000ドル/ハードコート)の女子シングルスで、元世界1位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)がドミニカ・チブルコバ(スロバキア)を6-3 6-1で倒して準決勝に進出することにより、力強い年のスタートを継続させた。

 昨年を世界1位で始め、22位で終えたケルバーは、先週のホップマンカップにおける4つのシングルスを含め、2018年にマッチ7連勝をマークしている。

「確かに、スタートは悪くないわ」とケルバーは言った。

 ケルバーは準決勝で、カミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦する。予選から勝ち上がってきたジョルジは、ディフェンディング・チャンピオンのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)を6-1 6-2で倒した。

 アシュリー・バーティ(オーストラリア)もまた、バーボラ・ストリコバ(チェコ)を6-3 6-2で下してベスト4に勝ち進んだ。彼女は準決勝で、ダリア・ガブリロワ(オーストラリア)と対戦する。ガブリロワは、ウインブルドン・チャンピオンで第1シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)が右腿の故障を理由に棄権したため、不戦勝で4強入りを決めていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はカミラ・ジョルジ(イタリア)
SYDNEY, AUSTRALIA - JANUARY 11: Camila Giorgi of Italy celebrates winning match point in her quarter final match against Agnieszka Radwanska of Poland during day five of the 2018 Sydney International at Sydney Olympic Park Tennis Centre on January 11, 2018 in Sydney, Australia. (Photo by Mark Metcalfe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.