元トップ5プレーヤーのジェームズ・ブレイク(アメリカ)が、マイアミ・オープンのトーナメント・ディレクターに抜擢された。

 この新しく生み出されたポジションで、ブレイクは選手たちの反応、メディア、イベントを向上させる任務に集中することになる、と大会はニュースリリースの中で説明した。

 サンディエゴに住むブレイクは、プロとして14年のキャリアを送り、ATP大会のシングルスで10度タイトルを勝ち獲った。彼はテニス・チャンネルとCNNの解説者で、USTAファウンデーションの責任者でもある。

 大会は、2019年から長く開催地だったキービスケーンを離れ、マイアミのドルフィンズ・スタジアムに会場を移すことになっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は2015年のUSオープンの男子シングルス準決勝を観戦に訪れたジェームズ・ブレイク(アメリカ)
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 11: James Blake attends the Men's Singles Semifinals match between Roger Federer of Switzerland and Stan Wawrinka of Switzerland on Day Twelve of the 2015 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 11, 2015 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Maddie Meyer/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.